高価買取作家

日本画家 作家

尾形光琳
おがたこうりん

プロフィール

尾形光琳は江戸時代に活躍した画家で、その流派は光琳という名前から一字をとり、琳派と呼ばれています。日本画の世界では狩野派など、通常、創始者や由来となった画家の姓が用いられるのですが、琳派のように名前が、しかも、通称が使われているものは他に例がありません。
尾形光琳は江戸時代初期の1658年、京都有数の呉服商、雁金屋の次男として生まれました。もともと尾形家は平安末期の武士、緒方三郎惟義の末裔といわれ、曽祖父、道柏が京都で呉服屋を営んだのが雁金屋のはじまりといわれています。道柏は、書道や陶芸などの芸術家として名高い、本阿弥光悦の姉を妻に迎え、このことが、尾形家が芸術家と交流を持つきっかけとなり、京都でも指折りの名家になる足がかりともなりました。さらに尾形家は、戦国武将、浅井長政の家来筋に当たっていたことから、長政の娘で徳川秀忠の妻となった淀君から大量の呉服注文を受けて、発展していきます。
こうした家柄に育った尾形光琳は、幼い頃から呉服の衣装図案帳である雛形帳に接し、呉服のデザインに慣れ親しみました。そして、書をはじめ能などの芸術や芸能にも熱中し、15歳では自ら能の舞を披露します。18歳のときには醍醐寺三宝院門跡という身分の高い僧の前で能を演じています。
芸術への興味は絵画の世界にも及び、狩野派の絵画を模写したり、仏画を描いたりしてその腕を上げていきました。1678年、雁金屋の最大顧客が死亡すると注文が減り、徐々に衰退していきます。1687年、尾形光琳が30歳のとき父が死没し、兄が雁金屋を継ぎ、尾形光琳は大名への貸し証文などを相続して暮らしは安泰のはずでした。しかしその後、貸し証文のほとんどが取り立て不能となるなどして、経済的に行き詰まってしまいます。

尾形光琳は経済的に切迫したとはいえ、倹約生活には慣れず、弟の乾山の勧めもあって、30代後半から絵師として活動するようになります。1701年、宮廷から法橋という位の称号を授かり、公家の家に出入りしやすくなると、ますます絵師としての活動を広げ、その作品も輝きを増していきます。代表作「燕子花図屏風」はこのころに制作されたものです。
40歳を過ぎた頃、以前から惹かれていた俵屋宗達の絵に向き合い、人物や古い物語の描き方や構図などを自らのものにしていきました。このころ京都の貨幣鋳造所の役人であった中村内蔵助と知り合い、その肖像画を描くなど親交を重ね、同時に経済的な援助も得ていました。やがて、内蔵助が江戸の銀座に転勤となったのを受け、尾形光琳も江戸に赴くことを決めます。
江戸に落ち着いた光琳は、内蔵助の仲立ちで勘定奉行の荻原重秀と面識を得て、「菊図屏風」の注文を受けます。その後、複数の大名屋敷にも出入りを許され、酒井家からは俸禄を受けた他、大名から屏風などの注文も安定して入るようになりました。しかし、大名との付き合いを窮屈に感じ、やがて不満をかかえるようになります。その一方で、雪舟、雪村の絵に惹かれたり、浮世絵の美人画に挑戦したりするなど、絵に対する意欲は相変わらず旺盛でした。
1709年、尾形光琳はついに江戸を離れ京都に戻ります。1711年、京都に画室のある新居を建築し、「風神雷神図屏風」や「紅白梅図屏風」など晩年の大作をものにしています。同時に、漆器の意匠に取り組んだり、弟の乾山と合作で陶器を制作したりと、多方面にその才能を発揮しました。しかし、1716年6月2日、59歳で急逝し、妙顕寺興善院に葬られました。

代表作品

・「八橋蒔絵硯箱」
・「中村内蔵助像」
・「紅白梅図屏風」
・「燕子花図屏風」

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。