ブログ

2018年

2018/06/02
松尾芭蕉直筆書簡を大垣市が購入・9月から展示

大垣市が俳人・松尾芭蕉直筆の書簡などが 表装された掛け軸1点を購入するとのことです。 掛け軸は350万円で購入し、「大垣市奥の細道むすびの地記念館」で9月から 開催される企画展で公開するそうです。 直筆書簡は「奥の細道」の旅を終えた翌年1690年4-5月頃、大津の商人だった 門人の又七(乙州おとくに)宛てに出したもので、当時、近江の国分山(現在の大津市)の 「幻住庵げんじゅうあん… [ 続きを読む ]

2018/05/26
アンティーク・レース展

「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」が5/18から、 JR京都駅近くの『美術館「えき」KYOTO』で始まりました。 アンティーク・レース鑑定家のダイアン・クライスさんの数万点におよぶ コレクションから、16~19世紀のレース全盛期の作品を中心に、モチーフ、 レースの用途、ゆかりの人物などを紹介する展示会となっております。 ヨーロッパの歴史では、レースは重要な価値を… [ 続きを読む ]

2018/05/19
京都宇治で昔の製茶道具一堂に集まる「宇治茶の民具と古文書」

企画展「宇治茶の民具と古文書」が、京都府宇治市折居台の市歴史資料館で 始まっております。 昨年度、府暫定登録文化財になった「宇治の製茶関連用具」や 「宇治の製茶図」をはじめ計121点を集められており、各工程に合わせて 肥おけや茶だるといった関連の道具類を並べたているそうです。 このうち茶摘みの場面は生葉の計量に立ち会う茶摘み女の様子が描かれ、 重さが記され後に換金できる摘札(つみ… [ 続きを読む ]

2018/05/12
米富豪 ロックフェラー夫妻の美術品 競売で910億円

故デービッド・ロックフェラー夫妻の美術品を売却する競売が ニューヨークで今月開かれ、主催者の競売会社クリスティーズが、 落札総額が約8億3260万ドル(約910億円)に上ったと発表した。 同社は個人コレクターの収集品の競売としては過去最高額と発表しており、 アンティーク家具や絵画など約1500点が出品され、ピカソ作の 「花かごを持つ少女」は1億1500万ドルで落札されたそうです。 … [ 続きを読む ]

2018/05/05
スヌーピー(PEANUTS=ピーナッツ)がポップカルチャーに接近

今年4月に日本を含む世界各国で、7組8人の現代アーティストがスヌーピー(PEANUTS=ピーナッツ)の 世界観を独自の視点で再構築した作品を展示するツアーを始めたそうです。 この中にはニューヨーク在住の日本人アーティスト、松山智一氏も参加しており、 自身の特徴とされる抽象画の中に、様々な表情を浮かべたスヌーピーを ちりばめる作品を制作しているそうです。 今回の美術ツアーの目的は、ピーナ… [ 続きを読む ]

2018/04/28
神戸北野美術館 「H@L exhibition-春が来た-」展実施

神戸北野美術館(神戸市中央区)で5月14日まで、 企画展『H@L exhibition-春が来た-』が開催されております。 絵本 「とらきちのいいところ」の作者・画家H@Lの原画展示と販売、 ライブペイントなど盛りだくさんの企画となっております。 H@Lは現代の画家・絵本作家として活動中で、第24回ニッサン童話と絵のグランプリ絵本部門大賞を受賞し、 2008年『モイモイのポッケ』(BL… [ 続きを読む ]

2018/04/21
骨董教本の決定版『西洋骨董鑑定の教科書』発売

欧米で大ベストセラーとなった書籍『西洋骨董鑑定の教科書』が 4月23日(月)に発売されることになりました。 3万点超の写真で読む陶磁器や家具、ジュエリーからテディベアなどの 骨董品真贋の見分け方を、欧米人気鑑定家のジュディス・ミラーが解説します。 骨董鑑定のコツを通じて、装飾美術工芸品の歴史や技法について学ぶことができ、 新しいタイプの美術の教科書として、欧米では大人気だそうです。 … [ 続きを読む ]

2018/04/14
超絶技巧・明治の工芸品展示 京都国立近代美術館

明治元(1868)年から150年を迎えることを記念し、明治時代の 美術工芸品・工芸図案を集めた「明治150年展 明治の日本画と工芸」が 京都国立近代美術館が開かれました。 工芸図案を描いた日本画家、都路華香や竹内栖鳳らの日本画のほか、 金工品や陶磁器、本物と見間違えるような魚や野菜の象牙製の置物など、 「超絶技巧」と呼ばれた工芸品が約190点展示されています。 また、当時の工芸図… [ 続きを読む ]

2018/04/07
奈良の春日大社で創建1250年記念展・美術品一挙公開

奈良市の春日大社・本殿創建1259年を記念する展示である 「聖域 御本殿を飾る美術」が4/1より、大社国宝殿で始まりました。 普段は見ることのできない、本殿の調度や壁画など計約30件があり、 殿の塀からはぎ取られた極彩色壁画の「神馬牽引図」「獅子牡丹図」や 、神前に安置されていた鎌倉~室町時代の「獅子・狛犬」 などがあります。 神饌を供えるための祭器具で、貝殻を使う螺鈿文様の室町… [ 続きを読む ]

2018/03/31
急成長する世界美術品市場・落札額1000億円も

世界美術品市場は空前のブームに沸いており、絵画作品に10億ドル(約1070億円)の 値が付くのは「時間の問題」だそうです。 2017年11月にレオナルド・ダビンチの絵画 「サルバトール・ムンディ(救世主、Salvator Mundi)」がサウジアラビア皇太子に 史上最高値で売却されたことが追い風となり、右肩上がりになっているそうです。 アート市場関連情報大手、仏アートプライスは「201… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。