ブログ

2013年4月

2013/04/29
美術館めぐり

いつもよりは、芦屋駅に向かう人は少ない火曜日。ゴールデンウィーク後半へ向けてお仕事されている方もいらっしゃるでしょう。お天気は後半まずまずのようです。  先日、HPをみてくださり、お電話をいただいた大阪のお客様と美術館について盛り上がりました。 普段、洋絵画が好きでも、仕事でなかなか展覧会へは行けないと。 休みの日に出かけてみると、入場を待たされた上、お目当ての絵画まで近づくまでに体力が… [ 続きを読む ]

2013/04/26
アナザースカイ

今日の芦屋は、お天気が急変して晴天の空に突然、大きな音と共に雷が響き渡りました。 ほんとにびっくりしました。 その後のにわか雨で、道行く人が小走りに駅までかけていきました。 明日からは、ゴールデンウィーク。 旅支度に忙しい方もいらっしゃるのでは。 アベノミクスで為替が円高に振れても、尚、海外へ旅する人は減らないでしょう。 格安航空券の登場で、海外旅行も増々身近なものですね。 … [ 続きを読む ]

2013/04/23
時代鑑定

清明(4/5)頃になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなるといい、 南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも完全に別れる季節の・・はずですが、先週末の朝晩の冷え込みにびっくりですね。 京都への出張では、風も強く体感は真冬のようでした。  焼物の時代鑑定にはさまざまな特徴を見つけることが重要です。 時代時代によって世情や流行がありますので、例えば、器の底・高台の形も… [ 続きを読む ]

2013/04/19
山楽・山雪

草木の緑が萌え出して、春の気配もようやくととのってまいりました。 昨日は、神戸でも夏日までとはいきませんが、羽織っていたシャツの袖をたくし上げるくらい暖かかったのに、今日はちょっと肌寒い・・体調管理にはくれぐれもご注意を。 最近、新聞やマスコミに多々取り上げられている「加納山楽・山雪展」が興味深いです。 日本画の、いわゆる華麗で「濃い」京加納の優品が、京都で多数展示されています。 かつて妙心… [ 続きを読む ]

2013/04/16
九谷焼

今日は、春のうららかな日ざしが、顔をのぞかせた若草にも降りそそいでいます。 ぽかぽか陽気に、うたた寝してしまいそうになりました。 阪神地域、今日は20℃を超え、絶好のお洗濯日和となっています。  焼物の中でも、鮮やかな色彩に目を奪われるといえば、『九谷焼』です。 詳しくない方でも名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。 石川県南部の金沢市、小松市、加賀市、能美市で生産される色… [ 続きを読む ]

2013/04/12
足立美術館

今朝はずいぶんと気温が下がり、再びスプリングコートを出すことに。 自転車に乗ると、久しぶりに手が冷たかったですね。 しかし、3月に暖かい日が多かったので、スギ花粉の飛散はおおむね終了に近づいているそうです。 前回、島根県の出雲大社へ訪れたことを書きました。 松江で一泊して、翌日は松江城へ向かい、城下町の素敵な街並みを散策した後、足立美術館へ向かいました。 足立美術館の主な収蔵物は、近代… [ 続きを読む ]

2013/04/09
出雲にて

暖かな春の日ざしがなによりうれしい季節となりました。 阪神間は先週末、花散らしの強風が吹き、満開だった桜が半分くらいになっていましたが、 入学式へ向かう子ども達は花吹雪の中、笑顔を満開にして駆けて行きました。 先日、島根県へ所用があり、車を運転し出かけて参りました。 まず、やおよろずの神様がいらっしゃるという出雲大社へ。 鳥居をくぐり、本殿までの参道はゆったりとした空気が流れ、観光客は… [ 続きを読む ]

2013/04/05
清明(せいめい)

暦の上では清明。 この頃は桜の花が咲きほこり、万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。 沖縄では「清明祭(シーミー)」といって、墓前に親族が集まり、酒・茶・お重を供えた後、皆でご馳走をいただく習慣があるそうで、三大行事の一つとなっています。 沖縄のお墓の前は「清明祭」をするための広いスペースがちゃんと設けてあり、今ではピクニック感覚でどのお墓もとても賑やかなのだそうです。 入社式、入学式… [ 続きを読む ]

2013/04/02
ホームページのお客様

阪神間も、桜が満開で目にも鮮やかです。 西宮市の名所、夙川でも、夜はライトアップされ、大勢の人がほろ酔い気分でお花見しています。 今日は午後から雨模様・・川面に落ちる花びらもきれいですが、もう少し楽しみたいですね。 寿永堂のホームページを見て下さったというお客様が増えてまいりました。 大変、有り難く、それがご縁となってお取引となる機会では、ご期待に添えるよう一層の努力しております。 先… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら