ブログ

2013年7月

2013/07/30
崋山の肖像画

今年のお天気はちょっと変だと思っていましたが、島根県や鳥取県、石川県で大変な多量の雨による水害が発生致しました。 1時間で100㎜を超える雨は本当に怖かったでしょう。 被災された方にお見舞い申し上げます。  渡辺崋山は江戸後期の田原藩士、画家であり蘭学者です。 少年時代から家計の窮迫を救うため得意の画筆で内職に努め, 花鳥画家金子金陵 に入門,次いで谷文晁 に師事、のちに西洋画の遠… [ 続きを読む ]

2013/07/26
四谷怪談

連日のうだる蒸し暑さに、いけないと思いつつ夜のビールの量が増えてしまいます。 寿永堂からほど近い西宮市に、アサヒビールの工場があったのですが、1年ほど前に製造中止となり、大阪府吹田市の工場と統合されてしまいました。 見学がてら訪れて戴く、出来立てのビールの味は最高でした。 今日は、1825(文政8)年、江戸の中村座で四世鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が初演された日です。 東海道四谷怪談(通称『… [ 続きを読む ]

2013/07/23
王子様誕生!

先日、奈良県のお客様宅へお伺いした際、少し標高の高い道で風が涼しく感じました。 寿永堂のお店の前は大きな幹線道路が走っている為、夏は心地よい風を感じるのが難しいです。 今日も気温はうなぎのぼり。 さっと熱をとってくれる夕立でも降ってくれないかなと思います。 ついにというか、ようやく英国のウィリアム王子とキャサリン妃にロイヤルベビーがご誕生されました。 予定日をずいぶん過ぎて、病院前のマ… [ 続きを読む ]

2013/07/19
夏の土用入り

朝、すれ違う学生さんたちも今日が終業式。 夏休みに入る前の最後の登校に、日焼けした顔から笑顔がこぼれました。 さてさて、今日は今年の夏の土用入りですね。 夏の土用の期間を「暑中」といい、この頃は猛暑の時季で、昔から栄養のあるものを摂る習慣がありました。 江戸時代、夏になると暑くてうなぎが売れず困っていたうなぎ屋が、学者である平賀源内に相談したところ、源内が「今日はうなぎの日です」という張り紙… [ 続きを読む ]

2013/07/16
長刀鉾

  最近は芦屋市も暑さの絶頂を思わせる日が続いています。 夕立も降らず、とにかく朝から日が暮れてからも暑いのが堪えますね。 今年は、2010年の酷暑再び・・思い出すだけで汗が出ます。 いよいよ京都の夏の風物詩、祇園祭りが今週末に宵山を迎えます。 長刀鉾(なぎなたほこ)は毎年必ず巡行の先頭にたち、鉾の上で「太平の舞」を舞い、そして「注連縄切り」の儀式を行います。 鉾先に大長刀を… [ 続きを読む ]

2013/07/16
たまや~かぎや~

三連休明けの火曜日は、薄い雲に覆われてはいますが、気温も湿度も高くいささかバテ気味です。  今週末あたりから、近畿各地で花火大会が始まりますね。 今年も地元・芦屋のサマーカーニバルや、神戸市のみなとこうべ海上花火大会に出かけようかと思います。 日本人で最初に花火を見たのは、徳川家康であるという説があり、花火は以前、通信の手段であった狼煙(のろし)に由来し、家康の花火鑑賞に火をつけ、花火作りが始まっ… [ 続きを読む ]

2013/07/09
短冊箱

早めに梅雨が明けたとたんこの猛暑、東京ではゲリラ豪雨の後の落雷。 今年はこのまま猛暑が続くという予報です。 どうしても冷房に頼ってしまいますので、体調管理が夏を乗り切るカギとなりそうですね。  過日、滋賀・大津市にお伺いすることがありました。 3年ほど前にお伺いした時は、お父様の七回忌がお済になられたので、少しずつご遺品の整理をされるという事でした。 ご主人様も骨董は新しく収集まではし… [ 続きを読む ]

2013/07/05
備前焼

3日間、梅雨空の毎日ですが、突然の雷には本当にびっくりさせられます。 芦屋市も突然曇ったかと思いきや、ドーンと爆音が響きました。 これからも、北部を中心に断続的な雨が続くということで、まだまだ安心できませんね。  備前焼は古くから岡山県の山間地域や伊部を中心とした地域で焼かれた焼ものを言います。 桃山時代から江戸時代のお茶に使われた備前焼の特徴は、畳に接地する高台や底が丁寧に仕上げられている… [ 続きを読む ]

2013/07/02
山開き

6月半ばの暑さにくらべれば、まだ過ごしやすい気候が続いていますね。 今年の夏はどうなってしまうのだろうと心配しましたが、水不足解消の雨も降り、後は夏本番を迎えるばかりです。 以前、静岡県と山梨県をまたぐ、富士山の世界遺産登録の話を記載しましたが、7月になり山開きのニュースが連日テレビで放映されていますね。 本当に万人に愛される霊峰ですので、いざ登頂してパワーを浴びたいものですが、画面に映る渋滞中の… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら