ブログ

2013年10月

2013/10/29
建水

台風の後、朝夕はシャキッと冷気を覚える時節となってまいりました。今日は、お店のお隣の公園からキンモクセイのいい香りが漂っています。店頭に並ぶ、和歌山の温州みかんの橙色も鮮やさが増し、いよいよ秋本番でしょうか。茶道具で、建水(けんすい)とは、席中で茶碗をすすいだ湯水を捨て入れるための器です。建水は最も格の低い道具として、点前の際は勝手付に置かれ客からは見えにくいところで使われ、会記でも最後尾の一段下げたところに記… [ 続きを読む ]

2013/10/25
截金(きりかね)

速度の遅い台風のせいで、毎日天気予報とにらみ合いです。兵庫県は淡路島に大雨警報が発令されて、土砂災害に注意が必要とのこと。今回は直撃とはならないようですので、どこにも被害がないことを願います。    「截金」(きりかね)とは、仏画を描いたり、仏像を加飾・荘厳するわざです。平安時代以降、さかんにおこなわれてきたこの「截金」が、現代になってから、伝統工芸作品をつくる、新しい「わざ」へと大き… [ 続きを読む ]

2013/10/22
蛸唐草

またもや、台風が接近しています・・それもふたつ同時に。今週末に本州に接近、もはや何が起こるかわかりませんので、十分警戒していきましょう。焼物には古代から見られる文様や、それに手を加えて古典的な柄になったものなど、さまざまな文様があります。昔から、焼物以外でも目にして慣れ親しんでいる文様もありますね。蛸唐草は渦状に巻く蔓(つる)の外側に、葉を簡略化してつける、それがちょうど蛸の足の吸盤をおもわせるところからそのよ… [ 続きを読む ]

2013/10/18
秋の深まり

10年に一度の大きさの台風26号で、東京・伊豆大島で甚大な被害が出てしまいました。本当に今年の台風の多さはもう勘弁してもらいたいところです。秋の日はつるべ落としと申しますが、最近はまさにそれを実感するこのごろです 朝夕に一枚羽織りだすと、そろそろ紅葉の季節かなと思うのですが、今月に真夏日などもあり、色づきはまだのようです。今年は秋を飛ばして一気に冬がやってくるという噂もありますが、日本のいたるところで見られる原… [ 続きを読む ]

2013/10/15
「マンモジュールの夕暮れ」

芦屋は台風26号の影響で風が強くなってまいりました。幸い、昨日までの三連休は、例年より暑かったものの、絶好の行楽日和でしたね。どこかへお出かけになられたでしょうか。先月、アムステルダムのファン・ゴッホ美術館が、オランダの画家ゴッホ(1853~1890)が描いた作品が、死後120年以上たって新たに発見されたと発表しました。新たに見つかったのは「マンモジュールの夕暮れ」という作品。代表作の1つ「ひまわり」を描いた絶… [ 続きを読む ]

2013/10/11
秋遠し

日が落ちるのも早くなり、空には鱗雲。なのに、昼間の温度は30℃を超えてしまうという不可思議なお天気が続きます。神戸や大阪に向かう家族も、装いに一苦労で、今日はこれでいいかなと顔を見合わせながら家を出て行きます。今年は秋が遠いですね。 ホームページをご覧になったお客様より、お電話を頂きます。おうちにある収集品の整理や、遺産相続などで引き継いだお品の買取などでのご相談が多いですね。何かに集中して収集し始めると、とに… [ 続きを読む ]

2013/10/08
練上技法

台風24号の接近で今日は曇り空。ここ何日間は夏が逆戻りしたような気温で、じりじりと照りつける太陽が痛いぐらいでした。んっ?今は10月・・と今年の異常気象に首をかしげながら、明朝には近畿にも最接近しそうな24号の進路に注意を払っています。陶芸の技法に練上手という技術があります。2種類以上の色土(土に少量で鮮やかな色を発色する呈色剤(金属粉)を混ぜて、同根異色の粘土を作成)を使い、いろいろに重ね合わせ、断面にできる… [ 続きを読む ]

2013/10/04
遷御の儀

今日は爽やかな秋晴れの朝でした。 昨日より少し肌寒く、Tシャツの上に長袖のシャツを重ねていい具合ですね。 お店に向かういつもの通りに、気の早い銀杏が落ちていて、季節の移ろいを感じました。  関西からは、遠足や修学旅行で一度は訪れたことがある伊勢神宮(三重県伊勢市)で、20年ごとに執り行う式年遷宮で皇大神宮(内宮)での「遷御の儀」が無事終わりました。 厳かな空気の中、鶏鳴三声の「コケコー」の合… [ 続きを読む ]

2013/10/01
京都へ

うららかな秋晴れの日が続きます。 日中の日差しは強いものの、炎天というほどではなく、日陰に入れば過ごしやすいですね。 四季の美しい日本ですが、心地よい時期は短く感じます。 普段は仕事で出掛けることの多い京都ですが、先日は旧友と会うために京都駅で待ち合わせをしました。 いつも自動車で、渋滞や駐車場の心配をしていますが、電車で行くと思ったより時間がかからず、 窓の外を眺めている間に到着して… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら