ブログ

2016年3月

2016/03/27
ニューヨークのアジアウィーク

ニューヨークでアジア美術品のオークション「アジア・ウィーク」が行われ、大手オークション会社のサザビーズは、今回の総売上高が2013年以来最低に落ち込んだと発表しています。 今年は原油や株価の下落、中国経済の失速などが重なり、3,700万ドル(41.5億円)で、前年の16,100万ドルから4分の1以下に減少しているとのことです。 近年は中国人富裕層のコレクターにより、価格がやたらと引き上げられ、前年は… [ 続きを読む ]

2016/03/20
全部偽物の美術館

展示品が全部偽物の美術館が日本にあるのをご存知でしょうか。しかも入場料もなかなかに高く、一般で3,000円を超えてまいります。 この美術館は徳島県の鳴門市にある大塚国際美術館という大塚製薬が建造したもので、ピカソ、モネ、ルノワール、ダ・ヴィンチなど有名画家の作品ばかりです。 約1000点の美術品が飾られていますが、全て複製なのです。 しかし、とても人気のある美術館で、明るいところでロープが無く… [ 続きを読む ]

2016/03/12
2016 春季オークション

2/27(土)から 3/3(木)まで、 2016 春季オークションが開催されました。 東京で中国の美術品オークション 中国の愛好家も参加 中国の古代・近現代書画や骨董品、生活用品などが多くオークションにかけられ、賑わいを見せたそうです。 ブログでも度々、中国骨董の賑わいをお伝えしておりますが、昔に比べ、落ち着いてきています。 それでも、斉白石や呉昌碩など有名作家の作品は、常に高… [ 続きを読む ]

2016/03/05
鑑定と査定の違い その2

本日は「査定」について、お話いたします。 「査定」はお客様から骨董屋が買取する価格となります。 作品の真贋も含め保存状態や時代、描き方、技法などを考慮していくらで買い取れるかを診断するものです。 そのため、鑑定士によって査定額が違ってまいります。 骨董品の売却の際には、鑑定証取得や修復などの無駄なコストをかけてしまう前にお近くや信頼できる美術商に効率的に売却できるよう相談されたほうが良い… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら