ブログ

2017年1月

2017/01/28
たんすから菅原道真の掛け軸

学問の神様で有名な菅原道真の生涯や死後の怨霊などを絵にした 「天神縁起絵」の掛け軸が、福岡県で見つかったそうです。 全国で十数点しか確認されていない珍しい掛け軸で、県内では 太宰府天満宮所蔵の2点に続き、3点目の発見だそうです。 掛け軸は福岡県の元区長の家のたんすから見つかりましたが、元々は近くの 老松神社の宮司から1999年に引き継ぎを受けて神社内で保管していたが、 ここ数年は… [ 続きを読む ]

2017/01/21
全世界のアート市場は7.3兆円に下落

世界のアート市場動向を調査する欧州美術財団:TEFAFが2015年の全世界の美術品の 売上高は682億ドル(7.8兆円)から638億ドル(7.3兆円)に下落したと発表しました。 最近は、世界的なアーティストの作品が取引されるハイ・マーケットと、若手アーティストを 中心としたロー・マーケットの二極化が進んでいて、数百~1000万円あたりの価格帯で 収集するコレクターが少なくなっていることが要因… [ 続きを読む ]

2017/01/14
風神雷神

安土桃山時代に繁栄した俵屋宗達の風神雷神図屏風は非常に有名な作品で、 未だにとても人気があります。 この作品は1621年以降に制作されたとの話があり、北野天神縁起絵巻から同じ悪魔の イメージを転用したことが知られていますが、実は風神のイメージの源はわかって いないそうです。 現存しない絵巻物から転用したかもしれませんし、京都の三十三間堂にある13世紀の 慶派の仏像、風神雷神像から… [ 続きを読む ]

2017/01/07
絵画の修復とは

どんなに保存状態の良い美術品でも、未来永劫同じ状態を 維持することができませんので、どうしても劣化してしまいます。 温度や湿度の影響でひび割れたり、剥がれ落ちたり、 キャンバスの留め金が見えてしまったりします。 また、木材は傷んでゆがんだり、裂けてしまったり、虫害を受けやすくなったりします。 そのように傷んでしたまった美術品を修復する専門家達がいます。 これらは主に修理と復元に2… [ 続きを読む ]

2017/01/01
新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 本年も、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。 皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、 本年もより何卒、宜しくお願い申し上げます。  … [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら