ブログ

2017年7月

2017/07/29
日本の骨董市場は中国骨董品の宝庫

2017年7月14日、中国メディアの環球時報が、日本の骨董市場は中国骨董品の 宝庫だと伝える記事を掲載しました。 記事内容としては、以下の通りで ===================== 日本骨董市場の中国骨董品は、状態が良く本物が多く、種類も豊富で、 「中国骨董品の宝庫」と言えるとされています。 最近の中国経済力の上昇と中国人自身の骨董品に対する再評価で、 日本の骨董市… [ 続きを読む ]

2017/07/22
ダヤニータ・シンの展覧会

初の個展となるダヤニータ・シンの展覧会が、東京都写真美術館で 7月17日まで開催されていました。 インド出身のダヤニータ・シンは、オールド・デリーの墓地に暮らすユーナック(去勢された男性)の モナ・アハメドを主題にした作品から、知名度が上がり、近年では、移動式の「美術館」を考案が 話題となっております。 「インドの大きな家の美術館(Museum Bhavan)」と名付けられ、 大… [ 続きを読む ]

2017/07/15
ジブリの大博覧会 大分市寿町の県立美術館で開幕

スタジオジブリ設立から30年間の歩みを体感できる特別企画展 「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで」 7/7から、大分市寿町の県立美術館で開催されております。 東京、長崎等に続き5カ所目の開催で、おなじみのトトロやネコバス等のキャラクターや、 アニメ映画「もののけ姫」など大ヒット作品の製作過程も楽しめます。 また、宮崎駿監督の直筆原画や企画書、宣伝物など約3千点が展示され、 … [ 続きを読む ]

2017/07/08
秀吉から茶々へ、病気気遣う書状

7/7、豊臣秀吉が病気だった側室の茶々宛てに 「食事をしっかり取るように」 「さすが秀頼のお母さんだ」 などと記した書状が、兵庫県豊岡市出石町に残されていたことが分かりました。 秀吉の自筆書状は100通以上確認され、多くは正室の北政所(ねね)宛てで、 茶々宛ては今まで3通しか見つかっておりません。 今回の書状は秀吉の気遣いや愛情が伝わってくる貴重な資料とされており、 県立歴… [ 続きを読む ]

2017/07/01
アルゼンチンでナチス関連の品75点、隠し部屋で見つかる

アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外建物の隠し部屋からナチスドイツに まつわる品、美術品・骨董品など75点が発見されました。 これらの品々はナチスの意匠を施した拳銃や短剣のほか、メダルやトロフィー、 アドルフ・ヒトラーの彫刻など様々な種類で、日本でもTVニュースで報道されて おりました。 第2次世界大戦後、刑事訴追を逃れた多くのナチス党員がアルゼンチンに移り住み、 同国にはドイツに… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら