ブログ

2017年9月

2017/09/30
個人取引の課税強化議論 民泊、フリマなど拡大

政府の税制調査会(首相の諮問機関)は9/26に総会を開き、民泊やネットフリマなど、 急速に拡大する個人間取引で得た所得への課税強化などを議論した結果、11月をめどに 対策などを盛り込んだ提言をとりまとめる方針となったそうです。 フリマの場合、日用品の衣類や家具などの売買で得た所得は 「生活用動産」とみなされて所得申告は必要ないが、30万円超の宝石や骨董品などを売買して 得た所得は課税対… [ 続きを読む ]

2017/09/23
大分市美術館でダリ展開催

特別展「奇才・ダリ展~もうひとつの顔」(大分合同新聞社共催)が9/14に 大分市美術館で開催されました。 スペインの画家サルバドール・ダリの初期から円熟期、晩年に至るまでの 版画を中心に、彫刻や油彩画など222点を展示しております。 ダリは油彩、版画などの絵画制作にとどまらず、彫刻、オブジェ、舞台芸術、 宝石デザイン、映画、文筆など幅広い分野で精力的な活動を展開し、 数多くの優れ… [ 続きを読む ]

2017/09/16
浜松市美術館コレクション

浜松市の秋野不矩美術館で9/15、浜松の政令指定都市移行10周年を 記念する企画展「浜松市美術館コレクション選~近現代日本絵画の道筋~」の 開会式と内覧会がありました。 約7,000点に上るコレクションから日本の近現代の絵画中心に厳選した名画を 展示しております。 日本画は仲山計介の「敷島屏風」や八木幾朗の「景色(その壱)」など 浜松ゆかりの見応えあるびょうぶ絵が並んでいるとのこ… [ 続きを読む ]

2017/09/09
逸翁の愛した茶道具150点:逸翁(いつおう)美術館

阪急東宝グループの創始者、小林一三の没後60年を記念する コレクション展「茶の湯道具始(はじめ)-ようこそ収集家の世界へ!」が、 池田市栄本町の逸翁(いつおう)美術館で開催されております。 逸翁という名前は小林一三の雅号で、実業家以外に、文化・芸術愛好家としても 有名で、生涯で約5500件の美術工芸品を収集したと言われております。 主な展示品は、戦国武将で茶人でもあった「豊臣秀吉像画稿… [ 続きを読む ]

2017/09/02
骨董品を巡るコメディ映画「嘘八百」

なかなか珍しいですが、2018年1月公開予定にコメディ映画「嘘八百」が 上映されます。 大阪・堺を舞台にイカサマ古物商・則夫と落ち目の陶芸家・佐輔が骨董オークションの会場で出会い、 タッグを組んで一攫千金を狙う様子を描くといったものです。 出演者は中井貴一さん、佐々木蔵之介さんのダブル主演で予告編では 骨董オークション会場で、にせ物の茶器を「幻の利休の茶器」として 大御所鑑定士に… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら