ブログ

2018年1月

2018/01/27
刀装具など200件展示の「鏨の華展」

鐔(つば)や小柄(こづか)など、刀剣を飾る金具を集めた 「鏨(たがね)の華-光村コレクションの刀装具-」本日より 大阪歴史博物館で開催されます。 刀装具は日本刀の拵(こしらえ)=につけられた金具で、鏨という 制作道具で作り出されております。 金工技術の向上した江戸時代に表現の幅を広げ、色彩豊かな金属に 緻密な彫刻を加えたりしながら、華麗な美術品として発展を遂げて、 ファンが… [ 続きを読む ]

2018/01/26
【白髪一雄】高価買取作家更新_骨董品買取の古美術寿永堂

白髪一雄の高価買取作家ページを更新致しました。詳細は下記よりご覧くださいませ。 高価買取作家_白髪一雄 兵庫県尼崎市に生まれた白髪一雄は1999年、文部大臣から地域文化功労者を表彰され、臙脂はスターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者、ハワード・シュルツ専用のオフィス・ルームに飾られていたり、海外でも人気のある作家です。 今でも人気の高い作家ですので、お気軽にご相談くださいませ。 … [ 続きを読む ]

2018/01/20
犬にちなんだ美術品を展示 東京国立博物館で新年特集

東京国立博物館で「博物館に初もうで 犬と迎える新年」が 開かれ、戌年にちなんだ犬にまつわる美術品約60件が 展示されております。 「いぬのかたち」と「いぬとくらす」がテーマで、大半は同館の収蔵品で、 絵画や造形作品で表現された犬の姿を楽しめ、犬と人間の関わりを 改めて考える機会にもなっているそうです。 目玉の一つは、江戸時代の円山応挙の「朝顔狗子図杉戸」で、 白と茶の犬のか… [ 続きを読む ]

2018/01/13
子犬をスタッフに任命 米ボストン美術館

世界有数コレクションのアメリカのボストン美術館が、子犬をボランティアの スタッフに任命し、鋭い嗅覚を生かして、害虫などから美術品を 守る重要な仕事を担うことになりました。 生後12週目の子犬のライリーは、灰色で長い耳が特徴のワイマラナー という狩猟犬の一種で、鋭い嗅覚で害虫などの被害を受けた美術品を 見つけ出す仕事にあたるということです。 普段は美術館の職員と一緒に暮らし、閉館中… [ 続きを読む ]

2018/01/06
新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 本年も、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。 皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、 本年もより何卒、宜しくお願い申し上げます。  … [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら