ブログ

2018年3月

2018/03/31
急成長する世界美術品市場・落札額1000億円も

世界美術品市場は空前のブームに沸いており、絵画作品に10億ドル(約1070億円)の 値が付くのは「時間の問題」だそうです。 2017年11月にレオナルド・ダビンチの絵画 「サルバトール・ムンディ(救世主、Salvator Mundi)」がサウジアラビア皇太子に 史上最高値で売却されたことが追い風となり、右肩上がりになっているそうです。 アート市場関連情報大手、仏アートプライスは「201… [ 続きを読む ]

2018/03/24
美の巨人たち

ご存知の方も多い方と思いますが、美術界の巨匠が制作した絵画・彫刻・彫像・建築物・ 写真を知る番組、美の巨人たちについてご紹介しようと思います。 こちらはテレビ東京で、2000年4月8日から毎週土曜22:00 - 22:30に放映 されているもので、「今日の一枚」と題して一つの作品を小話・小芝居を 交えながら紹介する番組です。 第1回、ピカソが戦争に対する怒りを表したと言われる大作「ゲル… [ 続きを読む ]

2018/03/17
ピカソ絵画などロックフェラー家美術品が慈善競売に

大富豪、ロックフェラー家が所有するピカソ絵画などのオークションが 今年の5月に開催され、主催する競売大手クリスティーズが、 民間コレクションとしては過去最高価格が付けられると予想しております。 2017年に101歳で死去した第3代当主デービッド・ロックフェラーと ペギー夫人のアートコレクション約1600点が売却されますが、ピカソやモネなどの 10作品がパリのクリスティーズで事前に公開さ… [ 続きを読む ]

2018/03/10
レコード針の需要復活

国内では骨董品のように思われるレコードですが、海外、特にヨーロッパでは今でも 多くの家庭でレコードが大切にされ、高価なレコードプレーヤーが販売されているそうです。 レコード針は再評価されるようになり、レコード針の需要が高まっており、 貴重なレコード針を50年以上生産し続けている企業が兵庫県の奥地にあるのが、 日本精機宝石工業(JICO、ジコー)です。 1966年にレコード針の生産を始め… [ 続きを読む ]

2018/03/03
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

スイスで後半生をすごしたエミール・ゲオルク・ビュールレが集めた ドラクロワ、ドガ、マネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、 モネ、セザンヌ、マティス、ピカソ等のコレクション展が開催されます。 特に印象派・ポスト印象派の作品は傑作揃いで、絵画史上、最も有名な 少女像ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》と セザンヌの《赤いチョッキの少年》は印… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら