ブログ

2018年9月

2018/09/29
歌麿、北斎、広重等、江戸期の浮世絵100点

江戸時代を代表する浮世絵師たちの作品を集めた「浮世絵版画展」が13日、 上三川町磯岡のホームセンター展示されていました。 美人画、風景画、役者絵など10人の絵師たちの江戸中期から後期の作品、 約100点を紹介されたそうです。 今回の版画展の作品は、復刻やレプリカではなく、江戸時代にすられたもので、 保存状態も比較的良好だそうです。 美人画の喜多川歌麿や浮世絵界を代表する葛飾北斎、… [ 続きを読む ]

2018/09/22
竹工芸:西欧での人気が日本の伝統芸術の形を変化

しかしここ数年、西欧で竹工芸の人気が高まっており、数万ドルの値が付く物も 出ているそうです。 ニューヨークのメトロポリタン美術館で竹工芸の展示会が開催されたことから 竹工芸が海外で日本と同等かそれ以上の関心を集めているようです。 日本の竹工芸人気が高まっているのは、少数の米国人収集家が竹工芸に夢中に なっているためで、米化粧品大手ニュートロジーナ元社長の故ロイド・コッツェンが挙げられ、… [ 続きを読む ]

2018/09/15
貿易紛争に巻き込まれる中国の美術品取引

古美術品や現代絵画、25%の米関税に直面する可能性があるそうです。 連日ニュースで取り上げられている通り、米国が最近提示した関税案は、 自転車のヘルメットから半導体の部品に至るまで2000億ドル相当の物品を 対象にしており、トランプ政権が最終手続きを進めているそうです。 アンティークの工芸品のほか、現代絵画や彫刻・版画は、最大25%の関税を 課される可能性があります。 中国政府は… [ 続きを読む ]

2018/09/08
故穐月さんの仏画と収集古美術46点 8日から企画展

伊賀市別府の美術館「靑山賛頌舎(あおやまうたのいえ)」で、水墨画家の故穐月明氏が 描いた仏画や収集した古美術品の計46点を紹介する 企画展「それは釈迦から始まった」が9/8から始まります。 展示品は水墨画18点、彫刻や仏画、曼荼羅などの収集品28点でほぼ初公開で、 企画展は「釈迦の作った仏教」「仏の来た道・たくさんの仏たち」「日本に広がった仏たち」の 3部構成で、わかりやすい構成になっ… [ 続きを読む ]

2018/09/01
アートで稼ぐ政府構想に反発 所蔵品の売却案「マネーゲームだ」

世界的な美術市場の活況を経済成長に取り込もうと、政府が発表し、 美術館も巻き込みながら国内での売買を盛んにしようとしておりますが、 文化を担う美術品を投資の対象とみなすべきではないと、関係団体などから 反発の声が上がっております。 「稼ぐ文化への展開」。政府が6月15日に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針」 (骨太の方針)で、国内各地の文化財を観光に積極的に活用する取り組みを進… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら