ブログ

2020年6月

2020/06/27
ルーヴル美術館、7/6に再開

新型コロナウイルス流行を受けて数々の美術館が閉館していましたが、パリのルーヴル美術館は、7/6再開に向けた準備が大詰めを迎えているそうです。再開後は、これまでのように、ダヴィンチの「モナ・リザ」といった名画の前に黒山の人だかりができることはなくなります、来館するには日時予約制で人数制限し、特定時間に来館者が集中しないよう分散するそうです。館内移動は一方通行とし、手指消毒のためのジェル設置・マスク着用や、他の来館者と… [ 続きを読む ]

2020/06/20
盗めるアート展

24時間、いつでも作品を持ち帰ることができる展覧会「盗めるアート展(Stealable Art Exhibition)」が7月10日から19日の10日間、東京・品川区荏原のsame galleryで行われるそうです。ノーセキュリティで24時間無人営業の展示室で公開され、国内外で活躍する様々なアーティストの作品が「盗んでよいものとして作品が展示され、ギャラリーや美術館という守られた展示空間との既存の関係性が壊された空… [ 続きを読む ]

2020/06/13
美の競演-県美名品展 静岡県美術館で109点

モネの「ルーアンのセーヌ川」・ゴーギャンの「家畜番の少女」・国重要文化財の池大雅の「蘭亭曲水・龍山勝会図屏風」・ます目を付けて描いた伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」をはじめ、前衛芸術家の草間弥生さ・焼津市出身の故石田徹也の作品も飾られている「美の競演-県美名品展」が6/13から、静岡県立美術館で開催されております。同展は、東京五輪・パラリンピックの公認プログラムとして開催され、1986年の開館以来、「東西の風景画」「静… [ 続きを読む ]

2020/06/06
高浜寛「ニュクスの角灯」

手塚治虫文化賞のマンガ大賞にニュクスの角灯が選ばれました。西南戦争で親を亡くした少女・美世が奉公先を求めて鍛冶屋町の道具・骨董品屋「蛮」の扉を叩き、店主・小浦百年がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と出会い、ストーリーが展開していくといった少し変わったマンガです。そこに登場する品々が、ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。