高価買取作家

洋画家・コンテンポラリー作家

吉田 博
よしだ ひろし

プロフィール

1876年(明治9年) - 1950年(昭和25年)
日本の洋画家、版画家


風景画の第一人者として、とても美しい風景を描いてきたことで知られています。非常に多くの作品を残したことでも知られており、それまでの伝統的な技法を統合した木版画表現を目指した人物です。
吉田博は1876年に福岡県久留米市で生まれました。旧久留米藩士の次男として生まれ、その後近くの吉井町という自然豊かな町に引っ越します。そこで絵を描くようになりますが、のちに修猷館の図画教師絵画に絵画の才能を見込まれて養子となりました。17歳のときには、京都に住んでいて洋画の普及に尽力した田村宗立の門下生となります。三宅克己と知り合いになり、水彩画を描き始めたのもそのころです。その後、三宅克己の勧めもあって、当時東京で名が知れ渡っていた洋画家の小山正太郎が主催していた画塾、不同舎に入門します。入門後、絵の鬼と周囲に言わせるほど技術などを積み重ねた吉田博は、明治美術会の会員として画家としての人生を本格的に歩み始め、1898年には10周年記念展に出品しています。

代表作品

・日光
・雲井桜
・雲叡深秋
・霧の農家
・ポンシデレオン旅館の中庭
・ヴェニスの運河
・月見草と浴衣の女
・雲表

吉田 博について

木版画に目覚めて広がる世界的な評価


1903年に吉田博は再びアメリカに渡り展覧会を開催しました。翌年にはセントルイス万博に出品し、銅賞碑を受賞しています。2度の渡米により、吉田博の画風の基礎が完成され、豊かな描写ができるようになった時期でもありました。
1907年の30歳を過ぎたころには東京府勧業博覧会で賞を受け、第1回文部省美術展覧会でも受賞するなど活躍していきます。1924年以降は帝国美術院博覧会で委員や審査員を務めるようになり、日本の洋画家として高い知名度と評価を受けるようになりました。特に山岳と建築物をモチーフにする傾向が強く、夜の光の特徴を表現したものが吉田博の作品として数多く見られます。
吉田博のもうひとつの評価として木版画がありますが、スタートしていくのは1920年のころです。版元であった渡辺庄三郎と出会ったことから、木版画を始めています。1921年にシリーズを作り上げ出版しますが、1923年に関東大震災で被災し、版木を含めすべて焼失してしまっています。それでも自身で結成した太平洋画会の会員を救うために、木版画を制作し、アメリカへ売りに渡ります。これも高い評価を受けますが、当時アメリカで売買されていた日本の粗い浮世絵版画を見たときに、これでは恥ずかしいと思い、作風が温和な木版画へと変化していくようになります。葛飾北斎から影響を受けたと考えられる「冨士拾景」など、富士山を多く描いています。
さまざまな作品を制作していく中、戦時中は画家として従軍し中国にも赴いています。戦後はヨーロッパでの知名度の高さから、アトリエは版画刷りの実演をしたり解説をしたりと進駐軍が多く集まるサロンのような雰囲気を持っていたと言われています。マッカーサー夫人も訪れていたことが分かっており、米軍の将校クラブで版画の講習などもしていました。

飛びぬけた描写の能力


吉田博の木版画は、日本画ならではの輪郭線をしっかりと描いていながら、版画の色彩がすっきりとした様子を取り込んでいて、さらに洋画の多くで取り入れられている立体感や遠近法を用いているのが特徴です。さらに、もともと描いていた油彩画や水彩画に加え、木版画でも世界各地の風景を描いていたことと、非常に繊細な作風から、吉田博の評価は、日本より海外のほうが高かったと言われています。
このように多彩な技法の上に作り上げられていますが、これまで使われていた版木の数とは比較にならないほどの多色刷りを採用しています。そのため、木版画のもととなる版木を手に入れたとしても、同じものは制作できないとされています。
吉田博が描いている作品のひとつに、山岳風景があります。60歳のときに日本山岳画協会を結成するほど、彼の山岳に対する強い気持ちが作品にも表れています。また、吉田博の特徴として、水の美しさもあります。河川を描いた作品も多数ありますが、静観なものもあれば水の勢いを感じるものなど、どれもが違う雰囲気を作り出してきています。吉田博は、水を描かせたら右に出るものはいないと言われたほどの実力および感性の持ち主で、「瀬戸内海集 帆船 朝」では水面に反射している太陽の光のきらめき具合や、水の揺らぎ具合を帆船の影で見事に表現している様を見てとれます。

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。