ブログ

2020/04/04
Google Arts and Culture

コロナウィルスの影響で海外渡航はおろか、外出もしづらくなってきていますが、Google Arts & Cultureで世界中の美術館の有名なアート作品・写真・世界遺産を見れることをご存知でしょうか。ただ見れるだけでなく、例えば東京富士美術館に所蔵されている『源平合戦図屏風』は176cm×376cm とかなり大きな作品ですが、極限まで拡大し細部を確認することができたりします。また、紀元前8000年から現在まで… [ 続きを読む ]

2020/03/28
映画『プラド美術館 驚異のコレクション』

年間およそ300万人が訪れ、 昨年開館200年を迎えたスペイン・マドリードにあるプラド美術館ですが、歴史と内部をとき明かすドキュメンタリー映画が上映されます。コレクションの中でも注目されるのは、フェリペ4世の寵愛を受け王宮配室長に登り詰めたディエゴ・ベラスケスや、カルロス4世に重用されつつも時代に翻弄されたフランシスコ・デ・ゴヤ、日本でも人気の高いエル・グレコの傑作群です。奇妙な謎が散りばめられたボスの『快楽の園… [ 続きを読む ]

2020/03/21
リッツ大阪で英国陶磁器「ウェッジウッド」使ったアフタヌーンティー

ザ・リッツ・カールトン大阪1階「ザ・ロビーラウンジ」で3/1から、英国陶磁器のウェッジウッドとコラボレーションしたアフタヌーンティーの提供が始まった。ウェッジウッドは1759年に英国で創立された英国王室御用達ブランド。ジュエリーやインテリア品などのほか、 時の女王シャーロット妃を魅了したクイーンズウェア、色彩豊かなジャスパーなどの高級陶磁器メーカーです。有名な話で、創始者ジョサイア・ウェッジウッドは古代ローマのガラ… [ 続きを読む ]

2020/03/14
超高画質の名画を表示するスマート・ディスプレイ

シリコンバレーのスタートアップ企業が、世界の名画だけを表示する「CANVIA」という、ちょっとニッチなスマート・ディスプレイを発表したそうです。室内の照明や光の当たり具合に応じて絵画を表示する「アートセンス・テクノロジー」という技術が搭載されており、どんな環境でも、本物の筆のストロークや、絵の具の盛り上がりといったテキスチャーを高画質で映し出せるそうです。スマホアプリからオンライン・ライブラリーにあるジャンル・カテ… [ 続きを読む ]

2020/03/07
蒔絵・沈金・螺鈿など 県漆芸美術館で伝統展

全国の漆芸作家が手掛けた逸品が並ぶ「日本伝統漆芸展」が2/1より輪島市の県輪島漆芸美術館で始まっています。重要無形文化財保持者(人間国宝)をはじめとした巨匠から新進気鋭の若手まで、さまざまな作家が手掛けた89点が展示されているそうです。漆で描いた文様に金属粉などを蒔く「蒔絵(まきえ)」彫った溝に金属粉を埋め込んで文様を表現する「沈金」貝の真珠層を貼り付ける「螺鈿(らでん)」など、さまざまな技法を駆使した作品が並び、… [ 続きを読む ]

2020/02/29
白鶴美術館2020年春季展

神戸市の白鶴美術館が3/3(火)から2020年春季展覧会を開催するそうです。白鶴美術館は、嘉納治兵衛(鶴翁・白鶴酒造7代)によって1934年に開館され、当初は古美術品500点が展示されておりました。現在、国宝2件(75点)、重要文化財22件(39点)を含む約1450点以上の作品を所蔵しておりますが、金・銀・銅を用いて作られた数多くの美術作品が所蔵されています。今回は、その中から、重要文化財12点を含む68点の優品を… [ 続きを読む ]

2020/02/22
ヴィンテージとアンティークの違い

ふとYahooニュースに上がってみたので、取り上げてみましたが、皆さんは明確に違いをご存知でしょうか。「アンティーク」とは、骨董品・古美術品・年代物の家具など古いものを指す言葉で、フランス語では「骨董品」や「古美術品」という意味となります。※フランス明記は「antique」実際に100年以上前に作られ、美術品レベルの収集価値があるものを指すことが多いそうです。「ヴィンテージ」はフランス語の「vendange」が語源… [ 続きを読む ]

2020/02/19
骨董品を高値で買い取ってもらうには

自宅にある骨董品を高値で買い取ってもらいたい、と考える方も多いでしょう。そこでこの記事では、骨董品をできるだけ高値で買い取りしてもらうためのポイントを紹介します。 骨董品を買い取ってもらうための3つの手段 骨董品を買い取ってもらうための主な手段として、以下の3つが挙げられます。 *ネットオークションで売る *フリマアプリ・フリマサイトを利用して売る *骨董品買取業者に売る それぞ… [ 続きを読む ]

2020/02/15
大阪・逸翁美術館「百鉢展」

大丸心斎橋阪急電鉄や宝塚歌劇団を創設した実業家・小林一三のコレクションを収める逸翁美術館で、茶道具などに用いた和洋中の鉢108点が展示されております。鉢は元々僧侶が所持する食器を指す言葉で、金属・陶磁器で作られたものが原則でしたが、料理に取り入れられるようになると、大半が陶磁器で作られるようになりました。丼鉢や菓子鉢などの用途に応じた名称や、平鉢・角鉢・鉦(銅鑼)鉢といった形状によって分類された呼び名がつけられ、様… [ 続きを読む ]

2020/02/08
江戸時代の豪華なひな人形を並べた特別展「平戸松浦家のひな人形」

江戸時代の豪華なひな人形を並べた特別展「平戸松浦家のひな人形」が、平戸市の松浦史料博物館で開催されています。1808年に寛政の改革で有名な老中松平定信の娘蓁姫が、松浦家第35代熈に輿入れ時に持参した雛人形です。2対の人形(芥子雛)と梨子地に金の蒔絵で松竹梅が施された化粧道具・飲食具・文房具など100点にものぼる雛道具は大変豪華で精緻なものが展示されております。松浦史料博物館は平戸藩主松浦家に伝わる名品約3万点を所蔵… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら