高価買取作家

洋画家・コンテンポラリー作家

アルフォンス・ミュシャ
あるふぉんす・みゅしゃ

プロフィール

1860年- 1939年
チェコ出身のグラフィックデザイナー・イラストレーター、画家。

世界的にファンが多く、作風から見るものを魅了し続けてきたのが、アルフォンス・ミュシャです。デザイナーでありイラストレーターとしても知られていますが、非常に多くの美しい作品を残してきました。特に女性の姿を描いた作品が多く、曲線の美しさが特徴です。
19歳のころは、舞台の装置を作る今で言うところの大道具を作る仕事をしながら、その傍ら夜間にデッサン学校に通っていましたが、2年後には失業してしまいます。その後、パトロンがつくようになり、ミュンヘン美術院に入学して卒業したのが画家としてのきっかけになっていきます。28歳のときには、パリにあった美術学校のアカデミー・ジュリアンに通い、力をつけていきました。
一躍有名になるのは、1895年に作られたジスモンダのポスターです。舞台女優であってサラ・ベルナールの芝居用に作られたものですが、パリの挿絵画家がみなクリスマス休暇中で不在だったため、たまたま仕事が入ったのです。当時印刷所で働きながら絵を描いていたアルフォンス・ミュシャにとってはまさに飛び込みでの依頼でしたが、ここで才能を発揮し、威厳に満ちた人物と繊細な装飾を描き出し、パリで大人気となりました。これが大きなきっかけとなり、アール・ヌーヴォーの旗手として知られるようになったのは、ある意味偶然の産物とも言えるでしょう。

代表作品

・ジスモンダ
・リュション
・パリスの審判
・ルフェーブル=ユティール・ビスケット
・サランボー
・ランスの香水「ロド」
・ジョブ

アルフォンス・ミュシャについて

祖国チェコスロバキア共和国での生活


アルフォンス・ミュシャは、数多くのポスターを制作していきました。大きなものもありますが、コレクター用に小型のものも作られ、連作で表現していくのも彼の特徴です。ポスター以外にも、雑誌の挿絵なども描いています。これは職業画家としての一面であり、生計を立てるために当時の画家の多くが挿絵を描いています。挿絵は活躍するきっかけのひとつでもあり、知名度はどんどんと高まりました。それも独自の世界観を持っており、挿絵という分野においても、素晴らしい業績を残しています。
挿絵としての成功が、アメリカの富豪から支援を受けるきっかけになります。これによって、金銭的な問題を気にせずに済むようになり、多くの作品を生み出していきました。特に空想上の民族をベースとして作り上げていったスラヴ叙事詩は、アルフォンス・ミュシャの代表作となっていきます。構想を思い浮かべてから完成までには約20年がかかった作品でもあります。祖国への想いは深く、当時成立したばかりのチェコスロバキア共和国の紙幣や切手、国章に至るまでデザインの仕事のほとんどを無償で請け負ったことが知られています。
この後、チェコスロバキア共和国はナチスドイツによって解体され、アルフォンス・ミュシャもつかまってしまいます。彼の描いた絵画が母国を愛する心を刺激してしまうためという理由であり、厳しい取り調べも受けることになりました。当時78歳のアルフォンス・ミュシャには体への負担も大きく、割と短期間で釈放はされたものの、結局79歳のときに体調を崩し亡くなってしまいました。

人生の後半で描いてきた祖国への想い


アルフォンス・ミュシャの作品の特徴と言えば、華やかであり、目を惹くところにあります。描いたものが絵画ではなく、広告のため人目につく必要があったポスターを中心としたイラストであったことが、このような特徴を生み出したひとつの要因でしょう。美しくも繊細な部分は日本においても人気であり、明治時代から日本の画家や今日のイラストレーターに模倣されたり、コレクションされたりと愛され続けています。また、現代のイラストやポスターにもアルフォンス・ミュシャから影響を受けたと思われる曲線やタッチといった特徴を取り入れたものが街中を飾ることもしばしばです。
現在では珍しくはなくなりましたが、擬人化を多く取り入れてきたのもアルフォンス・ミュシャの特徴です。宝石や花、星に至るまでを擬人化しただけではなく、季節など概念的な部分まで女性の姿に移し替えてきたのは、彼の才能を感じる部分でしょう。これらを女性として例えたらどんな絵になるのかというその想像力の豊かさと技術は、多くの人に評価されました。
晩年に至るまでの後半生のアルフォンス・ミュシャの作品には、画家であるという事実を認識させるものが多く残っています。ナチスドイツの影響もあり、祖国であるチェコスロバキア共和国を想いつつも、さまざまな油彩画を残していきました。これらの油彩画は、ポスターなどで見るアルフォンス・ミュシャとは違い、力強さを感じるものの暗さもあり、悲しさをも感じる作品が残されています。そして、これこそがポスターという商業的な挿絵ではあまり表現されなかった彼の内面を表現しているのです。

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。