松井康成の買取・査定

彫刻・工芸・陶芸・ブロンズ 作家
無料査定のご依頼はこちら

松井康成
まついこうせい

1927年(昭和2年)-2003年(平成15年)
日本の陶芸家で、国の重要無形文化財「練上手」の保持者。

長野県出身だが、第二次世界大戦中に茨城県へ疎開し陶芸に触れる。

高校卒業後は茨城県へ戻り、作陶に励んだ。

練上手による多彩な模様と、煌びやかな色彩が光る作品を制作。

日本原産の素材だけでなく、海外からも日本にはない素材を入れて色彩豊かな作品を作った。

1988年に紫綬褒章を受章、1990年には日本工芸会常任理事に就任した。

重要無形文化財「練上手」保持者の認定を受けたのは1993年。

生い立ち


松井康成が生まれたのは、1927年の長野県北佐久郡(現在の佐久市)でした。

本名は宮城美明です。

第二次世界大戦による被害を受け、長野県から茨城県笠間町(現在の笠間市)へ疎開。

笠間町は当時より陶芸が盛んで、多くの工房が開かれていました。

その影響からか、松井康成は神奈川県立平塚工業高校を卒業後、1946年より笠間町へ戻って、奥田製陶所で作陶を学び始めます。

1947年から明治大学専門部文化文芸科へ入学、1952年に卒業し、浄土宗月崇寺(げっそうじ)の住職の娘と結婚。

松井姓となり、1957年に住職を継ぎました。

大学卒業前後より、海老沢東丘に指示します。

海老沢東丘は日本画家・木村武山(きむら ぶざん)の弟子で、松井康成へ日本画を教えました。

木村武山は金粉を使った煌びやかな作品が特徴の琳派であり、弟子であった海老沢東丘もその技法を引き継いでいます。

松井康成が後に生み出す、色鮮やかな陶磁器も琳派の影響を受けているのかもしれません。

1960年、松井康成は自らが住職を務める月崇寺の境内に築窯し、作陶を始めます。

当時の技法だけでなく、朝鮮半島の技法や日本の伝統的な技法も研究していたといわれています。

その後1968年に、栃木県佐野市の陶芸家・田村耕一に師事。

練上手を学び始め、1年後の1969年には第9回伝統工芸新作展で練上手の作品を出品し、奨励賞を受賞。

さらに翌年には、日本工芸会賞を受賞しました。

1971年は日本工芸会総裁賞、1973年の第2回日本陶芸展では最優秀作品賞を受賞するなど、一気に才能を開花させます。

そして1988年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章し、芸術文化における優れた業績が評価されました。

1990年からは、日本工芸会常任理事に就任しています。

1993年には、国の重要無形文化財「練上手」の保持者に認定されました。

練上手の師匠と弟子


松井康成は、練上手の技術を陶芸家・田村耕一から学びました。

田村耕一は、「鉄絵」の重要無形文化財保持者で、もともとは楽焼を学び、京都で陶磁器を研究していた人物です。

1956年に現代日本陶芸展で朝日賞を、1957年には日本陶磁協会賞を受賞しています。

鉄絵では陶磁器に酸化鉄を用いて文様を作り、色彩豊かな作風を持ち味としていました。

松井康成の明るく多様な面を持つ作風は、田村耕一に影響されたのかもしれません。

また、松井康成には息子の松井康陽(まつい こうよう)がおり、1985年に父の開いた月崇寺の工房で作陶を始めました。

父に師事し、練上手の技術も継いでいます。

松井康陽の作品は、父より派手さはないものの、品のあるグラデーションの美しい作品が特徴です。

作品の特徴とその魅力


松井康成の作品といえば、重要無形文化財の保持者として認められた「練上手」を用いた色とりどりの作品です。

練上手とは、色の異なる粘土を重ねて焼き上げた陶磁器のこと。

焼き上げた後に釉や絵の具で色をつけるのではなく、青や赤、黄色など粘土を組み合わせてカラフルな模様を作ります。

いわば金太郎飴の要領で組み合わせた粘土を切ったり、捻ったりすることで、今までにない模様を作り上げることが可能です。

特に松井康成は、色鮮やかな顔料を使用していることが作品の特徴。

また本来、練上手はろくろを使用すると模様がうまく作れませんが、ろくろに細工することでろくろを使った練上手を用いることに成功しています。

『練上玻璃光壺』や『練上嘯裂茜壺』といった壺を多く残しています。

花を描いた作品が多く、青や黄色、赤などの粘土を用いて色とりどりの作品を制作しました。

練上手の名手・松井康成の功績


松井康成は疎開をきっかけとして、笠間町に築かれた陶芸文化に惹かれて陶芸家を目指しました。

現代の日本陶芸を築いた人物でもあり、その技術は息子の松井康陽に引き継がれています。

練上手を用いた作品を多く残しており、その作品はどれも目が覚めるような色彩を放っています。

特に花をモチーフにした作品が多く、色とりどりの草花を見事に表現した作品が魅力です。

人間国宝に認定されていることからも、その技術がいかに優れたものであったかが窺い知れます。

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。

主要対応エリア

兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

※遠方でも出張買取いたしますので、まずは一度ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談