寺井直次の買取・査定

彫刻・工芸・陶芸・ブロンズ 作家
無料査定のご依頼はこちら

寺井直次
てらい なおじ

日本の伝統工芸の中でも古い歴史を持ち、代表格の一つとして「japan」と呼称される漆芸作品。

遠く縄文時代から利用されていたことが研究成果から判明しており、列島の歴史においても重要な工芸品であり続けているといえるでしょう。

漆の木から採取される樹液を塗り重ね、天然レジンの塗膜で器体を覆う技ですが、強度を高めるだけではなく研磨によって滑らかな光沢が得られることから独特の美を醸し出すことでも知られています。

そんな漆芸の中でも、模様を施すのにいくつかの技法が生み出されてきました。

金銀の薄板を貼る「平文(ひょうもん)」、貝殻などの薄片を埋め込む「螺鈿(らでん)」、金銀の箔を埋め込む「沈金(ちんきん)」、そして金粉や銀粉を未乾燥の漆に定着させて文様や文字を描く「蒔絵(まきえ)」などが挙げられます。

そのうち蒔絵の技法で人間国宝となった近現代漆芸家の一人に「寺井直次(てらいなおじ)」がいます。寺井は伝統技法をベースとしつつも、先進技術を駆使した新しい漆器や新技法の開発などに積極的に挑戦した作家でもありました。

本記事ではそんな寺井直次のプロフィールや生い立ちを概観しつつ、作品とその魅力についてご紹介します。

プロフィール


1912年(大正元年)‐1998年(平成10年)

大正から平成の時代に活躍した日本の漆芸家。アルミニウム製の素地を用いる「金胎漆器(きんたいしっき)」や鶏の卵の殻を使って白地を出す「卵殻技法」など、漆工芸において新技術を編み出しました。

重要無形文化財「蒔絵」の保持者として、人間国宝にも認定されています。

生い立ち


寺井直次は1912年(大正元年)12月1日、石川県金沢市の鍛冶職・金物商の家に生を受けました。少年時に漆芸に興味を抱き、1930年(昭和5年)に石川県立工業学校(現:石川県立工業高等学校)の漆工科描金部を卒業。その後東京美術学校(現:東京藝術大学)工芸科漆工部に入学し、松田権六・六角紫水・山崎覚太郎らの指導を受けました。

東京美術学校を1935年(昭和15年)に卒業した寺井はその後理化学研究所に勤務し、ここで電解処理を施したアルミニウムを素地とする「金胎漆器(きんたいしっき)」の研究開発を行います。1937年(昭和17年)には同所静岡工場へ工芸部長として赴任。当時25歳という若さであったことは寺井の技術者としての優秀さを推し量ることができる経歴の一つです。1945年(昭和20年)には激化する戦争で静岡が空襲に見舞われ、郷里の金沢に戻りましたが臨時召集を受けて軍に入隊。同年に終戦を迎えると理化学研究所を退職し、漆芸家としての活動を開始しました。

1948年(昭和23年)の第4回日展で特選を受賞し、1950年(昭和25年)には母校である石川県立工業高等学校漆工科の主任教諭に就任します。
1955年(昭和30年)の第11回日展で北斗賞を受賞。同年の第2回日本伝統工芸展で初めて入選し、以降1997年(平成9年)の第44回同展まで連続43回連続で入選するという記録を打ち立てます。

1956年(昭和31年)の第12回日展でも特選を受賞し、翌年日展会員として入会。1960年(昭和35年)には日本工芸会の理事に就任しました。1968年(昭和43年)に石川県立工業高等学校の教頭となり、同年に北國文化賞を受賞。その2年後には金沢市文化賞も受賞しています。
1972年(昭和47年)には石川県立輪島漆芸技術研修所の初代所長に就任しますが病気のため翌年辞職し、1974年(昭和49年)に初めて金胎漆器の作品を第22回日本伝統工芸展に出展しました。

1983年(昭和58年)に勲四等瑞宝章を受章、1985年(昭和60年)に重要無形文化財「蒔絵」の保持者として人間国宝の認定を受けています。
寺井は以降も精力的に制作活動や個展を行い、皇室用の器物も制作。

1998年(平成10年)3月21日、満86歳の生涯を閉じました。

寺井直次作品の特徴とその魅力


寺井直次の作品は端正で緊迫感のある、漆芸の伝統的な系譜を感じさせるものが多い印象があります。

ところがその一方で、前述のようにアルミニウムを器体として用いる漆器など、古来の技だけにとらわれることのない自由さも持ち合わせています。

また旧来の漆芸では白色の表現に限界があったとされますが、寺井は鶏などの卵の殻を細かく砕いて模様として貼り合わせ、これを研ぎ出すことで純白に近い文様を描写する「卵殻技法」を編み出しました。

こうした伝統と革新を自在に取り合わせる柔軟さが、寺井直次作品の大きな魅力の一つといえるでしょう。

漆芸技法の開拓者、寺井直次


漆芸家・寺井直次の事績を振り返る時、しばしば「開拓」という表現が用いられます。

これまで見てきたとおりに新しい技法の研究・開発に果敢な姿勢でチャレンジを続けてきた寺井は、まさに斯界の開拓者と呼ぶにふさわしい作家といえるでしょう。

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。

主要対応エリア

兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

※遠方でも出張買取いたしますので、まずは一度ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談