高価買取作家

日本画家 作家

鏑木清方
かぶらき きよかた

プロフィール

1878年(明治11年)-1972年(昭和47年)
明治~昭和期の浮世絵師、日本画家。
美人画家として上村松園、伊東深水と並ぶ。
人物画がメインであり、明治時代の東京の風俗を写した風俗画が多く見受けられる。
水野年万(としかた)に師事。烏合会、金鈴社を結成し、文展・帝展で受賞を重ね、近代日本画に独自の画境を開く。

鏑木清方(かぶらき きよかた)は、明治から昭和にかけて活躍した日本画家です。
その作品は人物画が多く、美人画と呼ばれ、東京の風俗を繊細なタッチで描きました。
作品は、神奈川県鎌倉市にある鏑木清方記念美術館や、東京国立近代美術館などに所蔵されています。
2019年には、幻の名作と呼ばれた作品『築地明石町』をはじめ、行方不明になっていた『新富町』と『浜町河岸』が見つかりました。
美人画家の代名詞といわれる鏑木清方の生い立ちや、作品の魅力について解説します。

生い立ち


鏑木清方が生まれたのは、1878年の東京都千代田区です。
本名は條野健一といい、條野は父方の姓。
のちに母方の家督を継いだことで、鏑木姓となりました。
父・條野採菊(じょうの さいぎく)はジャーナリストで、東京初の日刊紙『東京日日新聞』や娯楽誌『やまと新聞』などを発刊。
その影響で、鏑木清方も17歳のころから『やまと新聞』の挿絵を描きはじめるようになりました。
鏑木清方が絵の世界に入ったのは、1891年13歳のときでした。浮世絵師・水野年方(みずの としかた)へ師事し、清方の号を与えられます。
実はこのころ、鏑木清方は浮世絵だけでなく、狂言も学び、狂言師として舞台に立っていたこともあるといいます。
父が発刊する『やまと新聞』の挿絵を担当しはじめ、さらに『東北新聞』や『九州日報』などの地方紙でも挿絵を描き、10代のころから挿絵画家として活躍しました。展示会に初出品したのは、鏑木清方が20歳のとき。1897年に開かれた第2回日本画家協会展に、『ひなた』を出品しました。
その後も日本画家協会展への出品を続けながら、新聞の挿絵画家として活躍します。

本格的に絵画に取り組みはじめたのは1901年ごろとされ、鰭崎英朋(ひれざき えいほう)らと烏合会(うごうかい)を結成したことがきっかけでした。
烏合会の展示会へ出品を主軸に、作品の発表をはじめます。
このころ発表したのが、鏑木清方が愛した作家樋口一葉をモチーフとした代表作『一葉女史の墓』です。
1927年の第8回帝展に、『菊池明石町』を出品し、帝国美術院賞を受賞。1929年に帝国美術院の会員に選出されました。
また、このころから随筆も手がけ、数々の随筆集も残しています。

鏑木清方の活躍はとどまることを知らず、1937年には帝国芸術院の会員に選出。7年後の1944年に、帝室技芸員となりました。
帝室技芸員とは、宮内省(現在の宮内庁)により運営される美術家・工芸家の顕彰制度です。優秀な芸術家に任命され、皇室の御用を勤めました。
しかし、第二次世界大戦による東京大空襲により、鏑木清方の自宅も焼失。終戦後の1946年から神奈川県鎌倉市に住居を移し、晩年まで過ごしました。
戦後も日展への出品を続け、1954年に文化功労者となり同年に文化勲章を受章。長きに渡って積み重ねた功績が評価されました。

作品の特徴とその魅力


鏑木清方の作品は、浮世絵をベースとした伝統的な日本画です。
しかし、その作品は決して古めかしいものではなく、近代的な要素も含まれています。
代表作には、初期の『一葉女史の墓』や帝展で入賞した『築地明石町』、国の重要文化財に指定されている『三遊亭円朝像』があります。
『三遊亭円朝像』は男性を描いたものですが、鏑木清方の作品は女性をモチーフにしていることが特徴です。
とくに東京の風俗を描いた作品が多く、昔ながらの東京と女性の美しさを見事に表現しています。

美人画の代名詞・鏑木清方が残したもの


鏑木清方は美人画の代名詞ともいわれ、江戸や東京の人と暮らしを描いた日本画家です。
肌のきめ細やかさや着物の美しさを繊細なタッチで表現し、美人をうまく表現した作品を数多く残しています。当時の東京を、江戸っ子らしい目線で描き、現代へと伝えていることも、鏑木清方の功績の1つでしょう。

鏑木清方の作品は、当時の人・町・暮らしを代弁するかのような表現が特徴です。

代表作品

一葉女史の墓
墨田河舟遊
朝涼
築地明石町
三遊亭円朝像
一葉像
暮れゆく沼

店主より一言

鏑木清方は挿絵画家としてデビューしたのちに日本画家へと転身した作家です。
色々な絵画を残しておりますが、一番は美人画で骨董品買取でも高額なものが多くなっております。
寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

落札価格

絹本 額装 国内大手オークションにて落札価格 320万円

日本画買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では鏑木清方の作品を買取強化中です。

日本画の買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。