高価買取作家

彫刻・工芸・陶芸・ブロンズ 作家

佐藤忠良
さとう ちゅうりょう

プロフィール

1912年7月4日 - 2011年3月30日
日本の彫刻家・新制作協会彫刻部創立会員・生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現
少年時代を北海道で過ごし、絵画を学ぶために上京。
ロダン、マイヨール、デスピオなど新しい生命主義の作品に感銘を覚え彫刻家を志す。
東京美術学校(現東京藝術大学)を卒業後、新制作派協会(現新制作)を舞台に活躍
終戦後のシベリアでの抑留生活を経て帰還後に制作を再開。
その体験から、平凡なごく普通の日常生活の中でほんの一瞬だけ垣間見る
「人間の美」を追求した作品を多く手掛ける。
昭和56年には、パリの国立ロダン美術館で日本人初個展開催。
その功績により、フランス・アカデミー・デ・ボザールの客員会員に推挙されるなど、国際的にも高い評価を得ている。

代表作品

群馬の人
微風
蒼穹
夏の像
若い女の像
緑の風

店主より一言

出身地の宮城県美術館「佐藤忠良記念館」には、約600点の彫刻作品が収蔵されています。
他にも滋賀県の佐川美術館の佐藤忠良館、札幌芸術の森「佐藤忠良記念子どもアトリエ」などを
始めとして、国立近代美術館、国立国際美術館など日本全国各地に
佐藤忠良の作品が収蔵、展示されているほど人気の高い作家です。

いくつか高価買取させていただいた実績もございますので、お気になられた方は
お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

金工・彫刻・工芸買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では佐藤忠良の作品を買取強化中です。



金工・彫刻・工芸買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。