高価買取作家

日本画家 作家

千住博
せんじゅ ひろし

プロフィール

1958年1月7日-
日本画の存在やその技法を世界に認知させ、絵画制作にとどまらず、
講演や著述など幅広い活動を行っている。
自然の側に身を置くという発想法を日本文化の根幹と捉える。
代表作のウォーターフォールは1995年ヴェネツィア・ビエンナーレで名誉賞を受賞。
1997年より大徳寺聚光院の襖絵制作
2002年の伊東別院完成続き、2013年に京都本院の襖絵が完成。

千住博(せんじゅ ひろし)は、昭和後期から現在にかけて活躍する日本画家です。
数々の名高い寺院やビル、空港をキャンバスにして作品を制作した現代日本画の巨匠。実は、幼いころから英才教育を受け、音楽や美術に触れて育った千住博は、グラフィックデザインに興味を抱いて本格的に美術の世界に飛び込みました。
そんな千住博が、どうして日本画家になったのか、代表作『フラットウォーター』を描き上げるまでの経緯などを紹介します。

千住博が生まれたのは、1958年の東京杉並区でした。父は経営工学者の千住鎮雄(せんじゅ しずお)、母は教育評論家の千住文子(せんじゅ ふみこ)。母方の祖先に日本の天然痘ワクチンの第一人者・角倉賀道(すみのくら よしみち)や、江戸時代の豪商・角倉了以(すみのくら りょうい)がいます。
裕福な家庭で育った千住博は、弟や妹とともに幼いころから塾やヴァイオリン、ピアノなどの習い事をしていました。幼少期から絵を描くこと好きだったため、慶應義塾幼稚舎に入学する前には絵の勉強も始めていたといわれています。
1970年に慶応義塾普通部(一般的な中学校にあたる)へ進学。美術部に入部しますが、当時は絵で食べていくつもりはありませんでした。
千住博の志が変わったのは、高等部に進学してから。美術部で見たグラフィックデザインの影響を受け、美術大学への進学を決めます。このころ偶然にも日本画の展示会へ赴き、岩絵具の存在を知ることとなります。岩絵具とは、鉱石を砕いて細かい粒子状にして絵具としたものです。日本画に使用されることもあり、千住博は岩絵具で絵を描きたくて大学の日本画家を目指すようになりました。
1978年に東京藝術大学美術学部の日本画専攻へ入学。大学で勉強しながら、美術予備校で講師も務めます。
そのまま修士課程、博士課程へと進み、修了作品はどちらも大学買上となりました。大学在学中は、ビルの街並みをメインにしていた千住博ですが、卒業後に風景画へとモチーフが変化します。その背景には、自然へ興味の遷移でした。そして1993年、千住博の代表作ともいえる『フラットウォーター』を発表しました。
さらに滝に魅せられた千住は、1995年に開催された第46回ヴェネツィア・ビエンナーレに『THE FALL』を出品。東洋人で初めて名誉賞を受賞します。
その後も個展の開催や作品の出品を続け、1997年からは寺院の襖絵を手掛け始めました。大徳寺聚光院の襖絵を制作後、京都本院や高野山真言宗総本山金剛峯寺の襖絵を制作しました。
2004年には東京国際空港第2旅客ターミナル、2010年は東京国際空港新国際線ターミナル、翌年はJR博多駅のアートディレクションを務めます。また、壁画の制作もおこなっており、シンガポール・OUBセンター、両国・回向院などを担当しました。
教育者としての一面もあり、2007年に京都造形美術大学の学長に就任し、2013年まで務め上げました。現在は教授として、京都芸術大学で教鞭をふるっています。
2016年に外務大臣表彰、2018年に日米特別功労賞を受賞しました。

作品の特徴とその魅力


千住博の作品は、滝や湖、森など、自然をモチーフにしていることが特徴です。とくに滝を扱う作品が多く、水面を打ち付ける水と水しぶきが繊細に表現されています。
『ウォーターフォール』だけでなく、『タイドウォーター』シリーズも千住博を代表する作品です。潮の満ち引きを描いた作品で、『ウォーターフォール』とは異なり、月夜を表現する黒や黄色など暗い色を使っています。大地の雄大さや迫力が表されており、千住博らしい視点をモチーフにした作品です。

日本美術の体現者・千住博の見せたいもの


千住博は伝統的な日本画を、より現代風にアーティステックに表現している日本画家です。
滝や潮水、森をモチーフにすることが多く、自然の雄大さと豪快さを独自の視点で描いています。日本画家らしい繊細なタッチで描かれる自然は、思わず息をのむ迫力です。
自然の素晴らしさと美しさを描くことで、千住博は本質的な美を表現し、見た人へそれを伝えようとしているのではないでしょうか。

代表作品

ザ・フォール
大徳寺聚光院伊東別院襖絵
石橋
ウォーターフォール
夜桜
春夜
青富士
イチョウ月下

店主より一言

代表作の『滝』はそれ自体が絵の具を流しての滝で、「滝の描写」ではなく、
絵画のイリュージョンから抜け出せなかった歴史からの展開を試みているとし、
テーマと技法と手段が完全に一致した実証と述べております。

いくつか高価買取させていただいた実績もございますので、お気になられた方は
お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

日本画買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では千住博の作品を買取強化中です。



日本画の買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。