高価買取作家

洋画家・コンテンポラリー作家

三栖右嗣
みす ゆうじ

プロフィール

1927年4月25日 - 2010年4月18日
1972年アメリカにアンドリュー・ワイエスを訪ねる。
1975年沖縄海洋博覧会「海を描く現代絵画コンクール展」に『海の家族』を出品、大賞受賞。
1976年第19回安井賞展に『老いる』を出品。安井賞受賞。
   皇太子殿下(現:天皇陛下)依頼により『沖縄の海』を制作。
1981年石版画集「林檎のある風景」刊行
1982年リトグラフ屏風「紅梅図」刊行

三栖右嗣(みす ゆうじ)は、現代リアリズムの巨匠とも呼ばれる日本の洋画家です。
写実性の高さだけでなく、独自のタッチで温かみのある作品を描いたことで知られています。油彩画・リトグラフ・緞帳(どんちょう)など、キャンバスの種類は問わず作品を制作しました。
1976年には、現・天皇陛下の依頼で作品を制作したこともあり、作品は東宮御所に所蔵されています。
今回は、三栖右嗣の生い立ちと作品の魅力を紹介します。

1927年(昭和2年)-2010年(平成22年)
写実性の高い油彩画を得意とする日本の洋画家。
現代美術におけるリアリズムの巨匠とも評される。写実主義に見られる現実を正確に再現するのではなく、柔らかいタッチで表現された作品が特徴。
油彩画だけでなく、リトグラフや緞帳も手掛ける。
2012年には制作拠点のあった埼玉県に、ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)が開館。

生い立ち


三栖右嗣は1927年、神奈川県厚木市に三栖家の次男として生まれました。本名は三栖英二です。1944年に埼玉県へ転居し、以降晩年まで埼玉県を制作拠点とします。
終戦の年、1945年に東京美術学校油画科(現在の東京芸術大学美術学部油絵科)に入学。前年から東京美術学校の教授となった、安井曽太郎(やすい そうたろう)の教室に所属します。
安井曽太郎は、明治時代に活動した浅井忠(あさい ちゅう)に師事した日本洋画の巨匠です。一水会委員や日本芸術院会員、帝室技芸員、日本美術家連盟会長などの任に就き、明治~昭和にかけて日本の洋画界を牽引しました。人物画や静物画が有名で、くっきりと引かれた輪郭に、目を惹く色彩が特徴の作品を描きました。
三栖右嗣は1952年に東京美術学校を卒業し、1955年の一水会展に出品した『室内』で初入選を果たします。一水会とは、有島生馬や安井曽太郎、石井柏亭らが1936年に創立した団体です。写実主義の技術を重んじ、伝統的な西洋絵画を重視する会派でした。
1959年まで、一水会へ作品を出品し続けました。またこのころ、映画会社・大映の広告宣伝部に入社し、映画関連の仕事をしていたと言われています。
1972年には、ヨーロッパやアメリカへ旅行し、その際にアンドリュー・ワイエス宅を訪問しています。アンドリュー・ワイエスは、近代リアリズムの代表的画家です。アメリカ東部の風景や人々の暮らしを描きました。
三栖右嗣は同年から1976年まで、銀座の飯田画廊で個展を開催。1975年の沖縄海洋博覧会では、『海の家族』で大賞を受賞しています。
1976年に第19回安井賞展に出品した代表作『老いる』で、安井賞を受賞。『老いる』は実母をモデルにして描かれた油彩画で、年老いて骨ばった肉体としわ、白髪をリアルに描いた作品です。
以降も2010年に死去するまで、頻繁に個展や画集の刊行を行いました。

アンドリュー・ワイエスが三栖右嗣へ与えた影響


三栖右嗣は、1972年のアメリカ旅行の際に立ち寄ったアンドリュー・ワイエス宅で、彼の作品に感銘を受けたと言われています。
アンドリュー・ワイエスの作品は、アメリア東部に住む人々の暮らしを写実的に描いたものが多いことが特徴です。画面は暗く、物さみしい雰囲気を醸し出しています。
アンドリュー・ワイエスの表現法に影響を受けた三栖右嗣は、以降より一層リアリズムを追求するようになりました。

三栖右嗣記念館


三栖右嗣記念館は、ヤオコー川越美術館の別名です。三栖右嗣の死去後に、埼玉県を中心に展開するスーパーマーケット・ヤオコーが創設しました。
三栖右嗣の代表作『老いる』も、ヤオコー川越美術館が所蔵しています。

作品の特徴とその魅力


三栖右嗣の作品は、高い写実性と温かみのあるタッチが特徴です。
写実主義を掲げる画家の作品は写実性を重視するため、どうしても写真のように情景を表現しにくいデメリットがあります。しかし三栖右嗣は、写実性に独自のタッチを取り入れ、情景の温かみを表現しました。
代表作『老いる』や『生きる』は、実母を描いた作品として有名です。描かれた肉体からは、それまでの母の人生が深いしわとなって刻まれており、哀愁漂う表現が印象的です。
人物画の他には、花や海を描いた作品も多く残しています。沖縄のエメラルドグリーンの海を好み、『光る海』や『沖縄の海』などの作品を制作しました。
油彩画だけでなく、リトグラフや緞帳といった作品の制作にも取り組みました。リトグラフとは、石版に描画して版画として刷る技法です。色の数だけ石版を作り、すべての版を刷って制作します。
緞帳は舞台と客席を仕切る幕のことで、ホールの顔です。三栖右嗣の代表作に、『爛熳』があります。画面いっぱいに描かれた桜が美しい緞帳です。

リアリズムの巨匠、三栖右嗣の功績


三栖右嗣は、現代美術のリアリズムを象徴する洋画家です。
パブロ・ピカソに代表されるキュビズムのように、抽象絵画が流行した20世紀において、古典的な写実主義を守った人物ともいえます。しかし三栖右嗣の作品は、写真のように正確なリアリズムではなく、情緒ある作風が特徴です。
伝統的な技術にとどまらず、独自のタッチで描いた作品は多くの人を魅了し続けています。

代表作品

爛熳
光る海
裸婦
老いる
海の家族
コスモス
秋日

店主より一言

他の画家と比べ写実性が高く自他共に認めるところで、筆致の正確さ・色使いに
おいても一瞬は写真と見紛うほどです。
明確な色彩こそが作品をただの「模写」ではなく対象物の持つ生命力や存在感を
際立たせた「芸術」へと昇華させているとし、評価が高まっております。

いくつか高価買取させていただいた実績もございますので、お気になられた方は
お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。