高価買取作家

古書画家 作家

一休宗純
いっきゅうそうじゅん

プロフィール

1394年(明徳5年)-1481年(文明13年)
室町時代中期、臨済宗の僧。
字は一休、諱は宗純、号に狂雲子・国景など。

幼い頃から詩才に秀で、13歳の時に創った漢詩『長門春草』、15歳の時に創った漢詩『春衣宿花』は洛中の評判となりました。

また、狂歌・書画にも優れていました。

自由奔放な言動や奇行でも知られていますが、その様子は当時の形式化、世俗化した臨済宗の風潮に対する皮肉だったともいわれています。

後世につくられたとんち話でも有名です。

一休宗純(いっきゅう そうじゅん)は、頓知ばなしで有名な一休さんのモデルとして知られる室町時代の禅僧です。

僧侶に禁じられた行為や注目される行動を取るなど、ユニークな人柄でも知られています。

当時の仏教を批判し、自身の行動によって風刺することで仏教の伝統を守ろうとしたと考えられています。

奇怪な言動で知られる一休宗純ですが、実は幼い頃から詩の才能がありました。

今回は、仏教の風化を風刺した一休宗純の生い立ちや作品の魅力を紹介します。

生い立ち


一休宗純が生まれたのは、1394年の京都でした。
しかし父や母に関する情報は少なく、出生の謎の多い人物です。一説には一休宗純の父は後小松天皇で、母は天皇の官女だったと考えられています。
幼少期は千菊丸と呼ばれ、後に周健や狂雲子などと号しました。一休の名は道号です。道号とは、仏道に入るときに付ける号のこと。

一休宗純は6歳のときに、京都の安国寺に入門して周健の号を名乗ります。1406年には『長門春草』、1408年には『春衣宿花』などの漢詩を発表。高い評価を得たと伝えられています。

1410年、一休宗純17歳のとき、謙翁宗為(けんおう そうい)の弟子となり戒名を宗純とします。
謙翁宗為は京都の妙心寺を継いだ後、西金寺の住持となった人物です。住持とは、寺の管理を統率する代表者のこと。

一休宗純は謙翁宗為を慕っていたといわれ、1414年に謙翁宗為が死去したときに、一休は自殺未遂を起こしました。

説得により自殺を思いとどまり、1415年に京都の大徳寺の高僧であった華叟宗曇(かそう そうどん)の弟子になります。このとき、一休の道号を授かりました。

鎌倉時代に建てられ、元弘の戦火によって焼かれた妙勝寺を1455年に1年かけて復興させ、生涯の大半を妙勝寺で過ごしました。妙勝寺は酬恩庵(しゅうおんあん)と名前を変え、一休宗純により再建されたことから一休寺とも呼ばれます。

一休宗純は華叟宗曇の下で悟りを開き、1474年に一休宗純は大徳寺の住持に命ぜられました。

天皇と親しいだけでなく、民衆からも慕われる僧侶であったと伝えられています。

大徳寺の住持になってからも寺に住まずに酬恩庵から通っており、1481年にマラリアにかかって酬恩庵で亡くなりました。

一休の名前の由来


華叟宗曇から一休の号を授かったのは、「洞山三頓の棒」の公案に「有漏路(うろじ)より無漏路(むろじ)に帰る 一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け」と答えたことが由来。

「洞山三頓の棒」は、洞山の僧侶が長旅の末に雲門禅師に出合って「どこから来たのか?」「どこで過ごしたか?」と問われる公案です。

長旅の詳細を答えると、雲門禅師は「三頓の棒(60回棒で打つこと)を与えたいが、今回は勘弁する。すぐに立ち去れ」と激怒しました。

僧侶は最初、なぜ怒られたのか分からなかったものの、雲門禅師の恫喝により答えが分かって悟りを開きました。

一休宗純は悩んだ末に、上記の解答をしたと言い伝えられています。感心した華叟宗曇は、一休みの解答から一休の号を与えました。

作品の特徴とその魅力


一休宗純は漢詩や狂歌、書画を得意としました。有名な作品に『狂雲集』や『自戒集』などの詩集があります。

また水墨画も嗜み、岡山県立美術館所蔵の『蘭石図』には水に浮かぶ石に蘭が咲く様子を墨で描きました。

晩年に作られた七言絶句『一休宗純純墨蹟』は、根津美術館に所蔵されています。

一休宗純は法号である宗純と記すことがほとんどでしたが、場合によっては宗順や宗淳などと記している作品もあります。

才を持ちながら仏教の風化に警鐘を鳴らして風刺した一休宗純


幼い頃から仏門へ入った一休宗純。

仏教への思いが強く、風化しつつあった当時の仏教に物申すかのような言動が目立ちました。奇怪な行動をしては噂となり、今も多くのエピソードが残されています。

仏教の風化を恐れる一方で、僧侶は禁じられていた肉食や飲酒をしたり、実子を持ったりといった逸話も残っています。

この行動から、後の頓知ばなしの主人公である一休さんが誕生しました。

一休宗純は奇抜な言動の陰で、詩や狂歌の才を持っていたことでも知られています。

10代の頃に作った漢詩が評判を呼び、詩集も残しています。

代表作品

長門春草
春衣宿花
狂雲集

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。