高価買取作家

古書画家 作家

曾我蕭白
そが しょうはく

プロフィール

1730年(享保15年)-1781年(天明1年)
江戸中期の画家。
姓は三浦、名は暉雄。別号に蛇足軒、虎道、鬼神斎、鸞山など。
狩野派の流れをくむ高田敬輔に師事したといわれているが、曾我蛇足や曾我直庵の画風をまなび、自ら曾我蛇足十世を称するなど、室町時代の水墨画を好んだ。あらあらしい筆致と極彩色の作品で独自の画風を確立した。池大雅とも交友があり、また奇行でも知られた人物である。

代表作品

寒山拾得図
群仙図屏風

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。