高価買取作家

金工 作家

加納夏雄
かのう なつお

プロフィール

1828年(文政11年)-1898年(明治31年)
幕末~明治時代の彫金家。
京都出身。旧姓は伏見、のちに7歳で加納家の養子となった。
号は寿朗、通称は治三郎。
大月派金工の池田孝寿や、奥村庄八に師事、のちに江戸に上京し、独自の作風を築き上げた。
人物・花鳥など写実的な意匠をもとにし、高彫、色絵象嵌など、精妙な作品を残した。
特に片切り彫り秀でた。
また中島来章からも画の教えを請い、円山派絵画も学んだ。
代表作は内国勧業博覧会で妙技1等賞を受賞した「鯉魚図額」(東京国立博物館蔵)や「百鶴図花瓶」(宮内庁蔵)。
東京美術学校教授を勤めた。

代表作品

月雁図鉄額
鯉魚図額
百鶴図花瓶
修業之余閑
銀四分一鹿模様香盒

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間500件以上のご依頼を受け、10,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら