高価買取作家

金工 作家

正阿弥勝義
しょうあみ かつよし

プロフィール

1832年(天保3年)-1908年(明治41年)
幕末-明治時代の彫金家。
多くの金工が廃業していく中、勝義は花瓶や香炉などの室内装飾品、彫像などの美術工芸品の制作。
作風は、上品にして精巧、ときに生々しいほどの写実的な表現。作品の色数の多さ、鉄錆地の美しさは、彫金師の中でも群を抜いていると評されている。

正阿弥勝義の金工家としての歩み


正阿弥勝義は、主に明治時代に活躍した金工家です。金工家とは、金属工芸作家のことを指し、金属を使って花瓶や茶器などの日用品から甲冑のような工芸品を作りだす人のことです。彫金師を父に持つ正阿弥勝義は、幼き頃から彫金を学び、18になる頃には刀装具や短刀などを藩主に献上することで生計を立てるまでになりました。彼の金工家としての有名な作品は、晩年に近い時期に作られたものが多いのですが、まだ明治時代になる前のこの時期の作品も見直されています。
正阿弥勝義の作品が、甲冑や短刀など装具から花瓶や香炉などの美術芸術品に切り替わったことにはある時代背景が関係しています。それは、廃藩置県と廃刀令です。これまで家計を支えていた藩との関係が解消になり、主力であった刀の所持も禁止になったため、試行錯誤を余儀なくされました。結果として、この判断が彼を金工家として有名にしたのです。彼は金属を駆使して、さまざまな芸術品を生み出し、それを輸出という形で世界に広めようとしました。当初は粗悪品が混じるなどの問題があり失敗が続きましたが、諦めずに続けた結果、世界的に名前が知れわたるようになりました。現在では世界で彼の作品が展示されています。
彼は晩年を京都で過ごしました。そこで才能が一気に開花し、多くの有名作品を作り上げます。国内で現在取引されている、作品のほとんどは京都で作られたものです。自ら精力的に足を延ばして顧客を探し続けたため、身体を壊してしまいます。しかし、現在でも彼の金工家としての評価はゆるぎないものとなっています。

正阿弥勝義の作品の特徴


正阿弥勝義の作品のポイントは、超絶技巧と呼ばれるほどの精密さにあります。細部までこだわり抜いた彫金は美しさを放っていました。彼自身、美術工芸品にはデザイン性が必要であるという考えの持ち主であったため、若い頃は装飾に凝った作品を多く生み出しました。
その代表作が「群鶏図香炉」です。みかんより少し大きいくらいの香炉には、これでもかというほどの細かい装飾が施されています。同時期に作られた「鯉鮟鱇対花瓶」では、鯉が蓮の葉から飛び出すさまが躍動感とともに表現されています。この花瓶は、金工家が扱う技法がたくさん盛り込まれており、技術の高さを物語った作品です。このような精巧な彫金は、万博をきっかけにして海外でも人気の芸術品となりました。
しかし、ある時期を境に正阿弥勝義の作品は超絶技巧からシンプルなものへと変化していきます。その原因は、顧客であった外国人の好みがよりシンプルな作品に変化したことにありました。超絶技巧とたたえられた彼の作品は、過剰なデザインとして酷評されるようになり、人気を無くしていきます。デザイン性を重要視する勝義にとっては、受け入れがたい現状でしたが、生計のために自らの作品の趣向を変える必要があったのです。ですが、彼の作品は人々を魅了する力を持っていました。
シンプルさを作品に取り入れるようになった彼の作品は、かえって生き物のはかなさや生命力が際立つものになりました。代表作である蓮葉に蛙皿では、今にも蛙が飛び跳ねそうな一瞬を切り取っています。また、「柘榴に蝉蓋付飾器」では、本物の蝉であるかのような錯覚を起こすほどの神秘性があります。超絶技巧の作品ももちろんのこと、シンプルになった勝義の作品も思わず触りたくなるほどの美を供えています。

代表作品

群鶏図香炉
草花小禽図鐔
秋草に鶉図鐔
春秋夕月図鐔

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

金工・彫刻・工芸買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では正阿弥勝義の作品を買取強化中です。



金工・彫刻・工芸買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。