高価買取作家

金工 作家

山田宗美
やまだ そうび

プロフィール

1871年(明治4年) - 1916年(大正5年)
石川県加賀市の生まれの鍛金家で、本名を長三郎と言う。
山田宗光の子で象嵌、鍛金の技術を教わる。
その後、1枚の薄い鉄板金槌で打ち延ばし、立体の花瓶や置物をうちだす独自の鉄打出しという手法を産み出す。
現在において、この技は不可能と言われ再現ができず、幻となっている。
その後、パリ万博、セントルイス万博、日本美術協会展など立て続けに受賞し、帝室技芸員に内定していましたが就任直前の46歳という若さでこの世を去る。

代表作品

狛犬(こまいぬ)大置物
鉄打出 大黒天像 置物

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

金工・彫刻・工芸買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では山田宗美の作品を買取強化中です。



金工・彫刻・工芸買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

フリーダイヤルでまず相談
全国どこでも対応
0120-13-6767