高価買取作家

金工 作家

山田宗美
やまだ そうび

プロフィール

1871年(明治4年) - 1916年(大正5年)
石川県加賀市の生まれの鍛金家で、本名を長三郎と言う。
山田宗光の子で象嵌、鍛金の技術を教わる。
その後、1枚の薄い鉄板金槌で打ち延ばし、立体の花瓶や置物をうちだす独自の鉄打出しという手法を産み出す。
現在において、この技は不可能と言われ再現ができず、幻となっている。
その後、パリ万博、セントルイス万博、日本美術協会展など立て続けに受賞し、帝室技芸員に内定していましたが就任直前の46歳という若さでこの世を去る。

山田宗美の生い立ち


山田宗美は1871年に、石川県加賀市の大聖寺藩に仕えていた甲冑師の家系に生まれました。1885年ころから、父に象嵌・鍛金の技法を指示し始めます。山田宗美の幼名は羊太郎で、他の兄弟が早くに亡くなったことから、1890年に10代目・長三郎の名を襲名して、宗美の号を用いるようになりました。
そして1891年、若干20歳だった山田宗美は、鉄打出の新しい技巧を考案します。鉄打出とは、1枚の薄い鉄板を金槌で叩いて伸ばし、花瓶や置物を作り上げる手法です。銅などの柔らかい金属とは異なり、打出の難しい鉄の打出技法は画期的なものでした。

この鉄打出技法を用いて、山田宗美は数々の作品を作り出します。1896年には、日本美術協会展に初出品した作品が三等賞銅牌を受賞し、宮内庁御用品になります。さらに、1900年のパリ万国博覧会、1904年のセントルイス万国博覧会では一等賞金牌を受賞し、日本だけでなく海外でもその技法が高く評価されました。また、1910年に日英博覧会に出品した『狛犬大置物』で、名誉大賞を受賞しています。
華々しい活躍の裏では、健康をいとわず創作活動を続けた弊害が出始めていました。1913年に、宮内省に運営されていた帝室技芸員に推挙されましたが、1916年に山田宗美は満44歳の若さで亡くなります。帝室技芸員は、優秀な美術・工芸家に対して与えられ、その技術の保護と発展のために設けられた制度です。山田宗美の今後の活躍が、期待された矢先の出来事でした。

作品の特徴とその魅力


山田宗美の作品は、金属で細やかな写実性を表現していることが特徴です。山田宗美が得意とした象嵌は、たがねを使って金属の表面を彫り、掘ってできた溝に別の種類の金属をはめ込む彫金技法。江戸時代は、武士が使う鎧や兜、刀の装飾に、この象嵌技術が使われていました。

象嵌に使う金属を作る技法には、鍛金・彫金・鋳金の3つがあります。そのうちの鍛金は、金属が伸びる特性を活かして、叩いて伸ばすことで造形する技術です。
山田宗美は、造形が難しいと言われていた鉄を用いた打出技法を考案し、精巧な置物や花瓶を作成しています。特に、ウサギをモチーフにした置物が有名です。山田宗美が作った『兎置物』は、ぴんと長い耳や柔らかな毛並みを、鉄で表現する技術は、思わずため息がでそうな出来栄えです。細部まで写実された作品は、素人目にも見惚れるほど。山田宗美の作品は、加賀市美術館などに所蔵されています。

山田宗美は新技法・鉄打出を生んだ伝説の鍛金家


山田宗美が考案した、鉄打出の新技法は画期的なもので、日本だけでなく世界中で高い評価を集めました。その作品は、ウサギなどの動物をモチーフにしたものが多く、毛並みまでを写実的に表現しています。素材が鉄でありながら、冷たさは感じられず、今にも動き出しそうなリアルさが魅力です。
山田宗美には、黒瀬宗世という弟子がいました。1枚の薄い鉄板から、立体的な作品を打ち出す技術を、山田宗美から引き継いだ数少ない人物です。若くして亡くなった山田宗美ですが、その技法はしっかりと後進に伝えられています。

代表作品

狛犬(こまいぬ)大置物
鉄打出 大黒天像 置物

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

金工・彫刻・工芸買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では山田宗美の作品を買取強化中です。



金工・彫刻・工芸買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。