高価買取作家

西洋・アンティーク 作家

エミール・ガレ
えみーる・がれ

プロフィール

1846年(弘化3年)–1904年(明治37年)
正式名称はシャルル・マルタン・エミール・ガレ(Charles Martin)
アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家、陶器・家具のデザイナー、アートディレクター。
家具・陶器・ガラス器の御売業者シャルル・ガレの息子としてフランスロレーヌ地方ナンシーに生まれる。
14歳より、近郊の森や小丘を植物採集して歩き、情熱を注ぎ、後の作風にも大きな影響を与える。
1867年父のガラス商会の芸術指導にあたり、1893年ナンシーに自分のクリスタルガラス製作所を設立。
アール・ヌーヴォーの工芸作家として名声を得たのは、1889年のパリ万国博覧会に、300点のガラス器、200点の陶器、17点の家具を出品したときであり、一躍有名になる。

生い立ち


エミール・ガレは、1846年にフランスのロレーヌ地方ナンシーに生まれました。父のシャルル・ガレは、陶器やガラス器の製造販売をおこなっており、経営者として成功していたため、ガレは裕福な家庭で育ちました。学校教育では成績優秀で、特に語学や植物学に長け、植物学の権威であるドミニク=アレクサンドル・ゴドロンから、直接指導を受けていたこともあります。このころ、デッサンも学んでいます。
1863年ごろから、父の家業を手伝いながらデザインを学び始めました。1865年から1年ほど、ドイツに留学し、1866年からはガラス産業が盛んだった、マイゼンタールのガラス工場で修業を始めます。
しかし、プロイセン(現在のポーランド)とフランスの領土争いにより、普仏戦争が始まってしまいます。故郷を守りたいエミール・ガレも義勇軍として、戦場に立ちました。戦争に敗れたフランスは、ロレーヌ地方の一部を手放すこととなり、ガレも退役しています。
転機が訪れたのは1971年のことでした。父と訪れたイギリスで、古代ガラスの魅力に気付き、このころからガラスの研究を本格的にスタートさせます。
1877年にエミール・ガレは、父・シャルルの工場を継ぎ、工場の責任者となります。翌年に開かれたパリ万国博覧会では、酸化コバルトを利用して淡い青色にガラスを発色させる独自の技法『月光色ガラス』を出品。見事、銅賞を受賞しました。
万国博覧会で見た日本の美術作品と、ナンシーに留学していた高島得三の影響でジャポニズムを知り、その後の作品には日本をイメージした作品も多く制作しています。
1901年にフランス・ロレーヌ地方にナンシー派を創設し、会長に就任するなど、晩年もふるさとの地を愛していたことがわかります。1904年に白血病で亡くなるまで、エミール・ガレは新しいガラス工芸の技術を開発し続けた人物でした。

ガレとアール・ヌーヴォー


アール・ヌーヴォーとは、19世紀から20世紀初頭にかけて、活発におこなわれた美術運動です。植物や動物などの自然な曲線美を追求し、それまで使われなかったガラスなどの新しい材質で芸術を表現する、様式にとらわれない装飾が特徴。
エミール・ガレはアール・ヌーヴォーを象徴する芸術家であり、植物や花、昆虫などをモチーフにした作品を生み出しています。

作品の特徴とその魅力


エミール・ガレの作品は、ガラス本来の美しさを魅せる技術が特徴です。酸化物を利用してガラスを錆のように曇らせるパチネと呼ばれる技術や、ガラス片で作ったモチーフを土台となるガラスに埋め込むマルケトリ技法を駆使して作られています。特に、ガラス粉を焼き付けたり、ガラス片を埋め込んだりといった技法が多く使われています。
初期は、月光色ガラスに代表されるように、ガラスの透明感を活かした作品が多いことがエミール・ガレ作品の特徴です。しかし、中後期に入ると、黒いガラスを使った曇りガラスの作品も多くみられ、ガレの創作に対する関心が移っていったことがわかります。

エミール・ガレの作品はアール・ヌーヴォーが大きく関係


エミール・ガレの作品には、植物や昆虫がモチーフとして使われています。エミール・ガレがアール・ヌーヴォーに代表される芸術家をいわれる所以であり、ガレの植物学への博識がなせた表現力でもあります。ガラス器に生き生きと表現された植物や昆虫は、その細部まで作り上げられているのが特徴です。
マルケトリ(marqueterie)、パチネ(patine)、「もの言うガラス」などの独自の作風を生み出す。

代表作品

シャクナゲ文スフレランプ
湖水風景文花瓶
薊文花瓶
フランスの薔薇
ひとよ茸ランプ

店主より一言

エミール・ガレがアール・ヌーヴォーの工芸作家としての名声を決定的なものにしたのは、1889年のパリ万国博覧会でした。

エミール・ガレは、植物をはじめ自然の産物をモチーフとして、それらを洗練された感性と想像力をもって表現しました。
またジャポニズム要素のある叙情豊かな型と文様を用いて、過去のガラス製品の概念を覆しました。
エミール・ガレによって、ガラスは工芸品から美術品の領域にまで引き上げられたと言えます。

当時、花瓶は1点400フラン前後の値段がつけられていましたが、これは中産階級の1ヶ月の生活費に相当する金額であり、相当高価なものでした。

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

当店買取実績

エナメル彩 風影花瓶 80万円にて、買取させていただきました。

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。