ベルナール・ビュフェの買取・査定

洋画家・コンテンポラリー作家
無料査定のご依頼はこちら

ベルナール・ビュフェ
ベルナール・ビュフェ

1928年(昭和3年)-1999年(平成11年)
本名、ベルナール・ビュフェ(Bernard Buffet)
フランス具象絵画の代表的な画家。
20歳にしてパリで最も権威のある新人賞・批評家賞を受賞。作風としてモノトーンに近い色に鋭い直線的な輪郭線で、不安げな表情の人物や風景画、ピエロや蝶々、妻・アナベルをモデルとした作品など、幅広いな作品を描き、絵画だけでなく、劇場のポスターや挿画本なども描いた。

生い立ち


ベルナール・ビュフェが生まれたのは、1928年のフランス・パリです。
父は工場を経営しており、ベルナールとはほとんど関わりがありませんでした。母もベルナールが10代で亡くなり、孤独な幼少期を過ごしたとされています。

1943年、第二次世界大戦が佳境を迎える中、ベルナール・ビュフェはパリ国立美術学校に入学。本格的に絵画を学び始めます。

終戦を迎えた1945年には、17歳にしてアトリエ作品賞を受賞。1948には批評家賞を受賞し、世界で個展を開催するようになります。若くして才能を開花させ、順調なキャリアを築き上げました。
1952年からは、リトグラフの制作を始めます。リトグラフとは、石版に絵を描いて印刷する石版画です。色ごとに石版を作り、印刷を重ねて1つの作品に仕上げます。

翌年、第2回日本国際美術展に『化粧する女』を出品。1959年には神奈川県立近代美術館でビュフェ展を開催します。
1958年に結婚したアナベルは、ベルナール・ビュフェが描く人物画のモデルとして頻繁に登場します。
1975年にフランス・アカデミー会員となり、1993年にはフランスのレジオン・ドヌール勲章を受けました。早くに芽が出たため晩年の作品には賛否両論ありますが、現在も人気の高い画家です。

日本とベルナール・ビュフェ


ベルナール・ビュフェは日本から遠く離れたフランス出身の画家ですが、何度も来日するなど、日本とゆかりのある人物です。

生前に完成した静岡県のベルナール・ビュフェ美術館へは、アナベル夫人と7回の訪問をしています。日本では1959年を皮切りに、ビュフェ展を開催しており、国内でも人気の高い画家です。

作品の特徴とその魅力


ベルナール・ビュフェの作品は、黒く太い線が特徴的です。リトグラフで重ねた色彩も決して明るいものではなく、第二次世界大戦後の不安感や虚無感を描いています。
ジャン=ポール・サルトルの実存主義やアルベール・カミュの不条理の思想を具現化したものとして、当時の若者の間で爆発的な人気を誇りました。

実存主義とは、哲学の中心を人間の存在と考える哲学的思想です。サルトルが提唱した思想で、第二次世界大戦後の世界を席巻しました。

カミュが唱えた不条理の思想とは、人間は人生に何らかの意味を見出そうとするが、結局は無意味になることを説いた哲学的思想です。ベルナール・ビュフェの作品は、人間の不条理を見つめて具現化したかのように、重い雰囲気を発しています。

リトグラフだけでなく、油彩や水彩の作品もありますが、一貫して黒い線画の強調された作品が大半です。色彩は抑えられ、モノクロの作品も多くあります。

赤や黄色など不安をもたらす色彩で、不安感や虚無感を表しているのが特徴です。

第二次世界大戦後の世界の緊張・不安を具現化したベルナール・ビュフェ


ベルナール・ビュフェは、若い頃から才能を開花させ、高い評価を得た画家です。

作品の線画ははっきりとした黒で描かれ、色彩はほとんど使われていません。暗く重々しい空気を放つ作品は、サルトルやカミュの思想が広まった第二次世界大戦後の世界で、若者を中心に席巻しました。

ベルナール・ビュフェがモチーフとしたのは、風景や静物、人物です。女性の人物画は、アナベル夫人をモデルにしていたと考えられています。
若くして成功したため、晩年の作品は評価の分かれるところですが、日本では現在も人気の画家の1人です。
青い闘牛士
カルメン
アナベル夫人像
アルフォーヴィルの教会
寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。
図版画 Ed40/175 25万円にて、買取させていただきました。

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。

主要対応エリア

兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

※遠方でも出張買取いたしますので、まずは一度ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談