高価買取作家

中国美術・中国骨董 作家

呉冠中
ごかんちゅう

プロフィール

1919年-2010年
中国の画家。
画は1942年から林風眠に師事し、その後、フランスの国立美術学校で油絵を学ぶ。
1950年に帰国後は、パリで学んだ西洋絵画を基礎とし、潘天寿先生にも国画を学んだ。
呉冠中は、師である林風眠が掲げた「中国と西洋芸術の調和」を目指し、中国の水墨画と西洋美術の油絵の画法を融合した独特の画法を確立。
主に風景画を得意とし、中国新芸術を代表する画家の一人となった。
1978年に初めて個展を開催。
翌年1979年には、中国美術館が「呉冠中絵画作品展」を主催、その後、世界各国でも十数回の画展を開いた。

代表作品

高昌遺跡
交河古城
白皮松

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。