高価買取作家

彫刻・工芸・陶芸・ブロンズ 作家

金重陶陽
かねしげ とうよう

プロフィール

1896年(明治29年)-1967年(昭和42年)
岡山県出身の陶芸家で、備前焼の陶工として初めて人間国宝となる。
当時、伊万里焼や九谷焼などに押されて人気を失っていた備前焼を再興させることに成功し「備前焼中興の祖」と評される。
また、多くの弟子を育み、次々と人間国宝を輩出し、備前焼の歴史上果たした功績は大きい。
陶陽の弟の金重素山、長男の金重道明、三男の金重晃介も全て陶芸家である。
北大路魯山人やイサム・ノグチらと親交を持ち、影響を受ける中、逆に彼らが備前焼を世に知らしめる役割を果たしていた。

代表作品

耳付水指
備前三角擂座花入
備前徳利
備前緋襷平水指
備前陶板

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

落札価格

伊部窯 獅子香炉 共箱 国内大手オークションにて、落札価格 300万円。

金工・彫刻・工芸買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では金重陶陽の作品を買取強化中です。

金工・彫刻・工芸買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。