高価買取作家

彫刻・工芸・陶芸・ブロンズ 作家

河井寛次郎
かわい かんじろう

プロフィール

1890年(明治23年-1966年(昭和41年)
日本の陶芸家。
初個展では、東洋古陶磁の技法を駆使した雅やかな作品が好評を博した。
その後は柳、濱田らとともに「日本民藝美術館設立趣意書」の起草に参加し、民藝運動の推進者として多くの工芸家を牽引していった。
陶芸のほか、彫刻、デザイン、書、詩、詞、随筆などの分野でも優れた作品を残している多彩な作家。

河井寛次郎の生い立ちと功績


河井寛次郎(1890-1966年)は、現在の島根県安来市に生まれました。
1910年に東京高等工業学校窯業科へ入学し、陶工の道を進むこととなります。
東京高等工業学校では、のちに重要文化財を生み出す陶芸家「板谷波山」の指導を受けていました。

しかし、師となる陶工はおらず、学校を卒業すると京都市陶磁器試験場へ入り、釉薬の研究に励みます。
ここで、のちの人間国宝である陶芸家「濱田庄司」と出会います。

濱田庄司と河井寛次郎は、生涯にわたって交友関係にあり、共に民芸運動にも力を入れました。
1917年に京都市陶磁器試験場を離れた河井寛次郎は清水六兵衛の顧問となり、京都の五条坂にあった「鐘渓窯(しょうけいよう)」を譲り受けることになります。
鐘渓窯で作陶をしながら、数々の陶磁展を開きました。

また、濱田庄司と共に海を渡って、朝鮮や満州など各地で陶芸作品を学び感銘を受けます。
1924年頃からは、それまでの煌びやかな作風とは違う実用的な陶器を制作することに注力し始めます。

第二次世界大戦中は窯を使うことができなかったため、随筆や詩の創作が主でした。
1947年には『火の誓い』、『いのちの窓』を続けて完成させています。
河井寛次郎は、生涯にわたって釉薬の研究や造形の追求活動を続けました。
結果的に辞退をしていますが、1955年には文化勲章受章者にも選出されています。

寛次郎が残した言葉「暮しが仕事 仕事が暮し」の意味


河井寛次郎は陶芸家としてだけでなく、多くの詩や詞、随筆を残すなど、思索を「言葉」に表すのが得意な芸術家でもありました。
その中でも、特に有名な言葉が「暮しが仕事 仕事が暮し」です。

河井寛次郎は若いころから作陶に使う釉薬の研究を重ね、海外へ行って陶芸を学びました。
戦時中は陶芸が制限される中、木彫りや書き物を中心に活動を続けています。

生涯にわたって仕事に力を注いでいた寛次郎にとって、仕事は暮しの中の一部だったのでしょう。
また、毎日の生活も仕事のうち、そう思っていたのかもしれません。

河井寛次郎の陶芸技術を受け継いだ甥と孫


河井寛次郎には一人娘がおり、その血脈は今も続いています。
寛次郎の子孫にも陶芸に携わる人物が多くいますが、ここでは陶芸家として活躍している孫(養嗣子)と甥について解説します。

河井武一


河井武一(1908-1990年)は、河井寛次郎の甥にあたります。
寛次郎の師事をした数少ない親族のうちの一人です。
作陶だけでなく、釉薬の調合なども学んでおり、河井寛次郎の作風を継ぐ人物でした。

河井敏孝


河井敏孝(1946年-)は、河井寛次郎の娘「須也子」夫婦の養嗣子です。
正確には血縁者ではありませんが、陶業の道に進んでいます。
寛次郎のように簡素で実用的な焼き物が多いのが特徴です。

河井寛次郎の陶芸を受け継ぐ弟子と助手


河井寛次郎の陶芸を受け継ぐ者として、弟子と助手の存在があります。
上田恒次と奥田康博です。

上田恒次


上田恒次(1914-1987年)は、河井寛次郎の助手を務めた陶芸家です。
京都市第二工業学校の陶磁器科の出身で、京都市に木野皿山窯を開いた経歴を持ちます。
自宅兼仕事場であった『旧上田恒次家住宅登窯』は、登録有形文化財に指定されています。

奥田康博


奥田康博(1920-1999年)は、河井寛次郎から直接教えを受けた数少ない弟子の一人です。
それ以前には、人間国宝にも認定された濱田庄司に師事しました。
各地での築窯や個展開催など、活発な作陶活動を続けた人物です。

河井寛次郎の作品の特徴


河井寛次郎の作品は、その時期によって作風が大きく変わるのが特徴です。
初期は、非常に華やかで美しい作風でした。
1920年代になると、実用的な陶器に魅せられるようになります。
この頃作られた作品は、より日用的な作風です。

造形は質素ですが、釉薬を巧みに使った発色の良い陶器を生み出していました。
また、晩年は日用品としての陶芸というよりも、より自由な作風を持つようになりました。
このように、作られた時期により河井寛次郎の作品の特徴は異なります。

河井寛次郎の言葉「仕事が暮し」の意味・生い立ちまとめ


河井寛次郎の生い立ちや弟子と孫、作品の特徴についてまとめました。
河井寛次郎の作品は陶芸だけでなく、詞や彫刻など非常に多くのジャンルを扱っていました。

特に陶芸への情熱は素晴らしく、釉薬を研究していた経験を活かして、簡素な造形を美しい作品に仕上げています。
その陶芸技術は子孫や弟子にも受け継がれています。

代表作品

青瓷鱔血文金魚
三彩果虫陶筥
土瓶と各種湯碗
流し描壷
碧釉扁壷

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

当店予想買取参考価格

扁壷 共箱 50~200万円。

作品、状態等にもよるため、実物を査定した場合の金額とは異なる場合がございますので、あくまで参考価格としてお考えください。

金工・彫刻・工芸買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では河井寛次郎の作品を買取強化中です。

金工・彫刻・工芸買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

骨董品買取可能な関西エリア一覧


【兵庫県】
芦屋市/西宮市/神戸市東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区/尼崎市/宝塚市/伊丹市/川西市/姫路市/明石市/豊岡市/加古川市/三木市/洲本市/ 相生市/豊岡市/赤穂市/西脇市/高砂市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/ 川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町・播磨町/神崎郡市川町・福崎町・神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町・新温泉町

【大阪府】
大阪市都島区/福島区/此花区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/豊中市/池田市/箕面市/堺市堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/三島郡島本町/豊能郡豊能町/能勢町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/田尻町/岬町/南河内郡太子町/河南町千早赤阪村

【京都府】
京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、向日市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町・宇治田原町、相楽郡笠置町・和束町・精華町・南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町・与謝野町

【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡山添村、生駒郡平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町、磯城郡川西町・三宅町・田原本町、宇陀郡曽爾村・御杖村、高市郡高取町・明日香村、北葛城郡上牧町・王寺町・広陵町・河合町、吉野郡吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

【滋賀県】
大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡日野町・竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡豊郷町・甲良町・多賀町

【和歌山県】
和歌山市/海南市/橋本市/有田市/御坊市/田辺市/新宮市/紀の川市/岩出市/海草郡紀美野町/伊都郡かつらぎ町/九度山町 /高野町/有田郡湯浅町/広川町/有田川町/日高郡美浜町/日高町/由良町/印南町/みなべ町/日高川町/西牟婁郡白浜町/上富田町/すさみ町/東牟婁郡那智勝浦町/太地町/古座川町/北山村/串本町

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。