高価買取作家

彫刻・工芸・陶芸・ブロンズ 作家

浅蔵五十吉
あさくら いそきち

プロフィール

1913年(大正2年) ‐1998年(平成10年)
陶芸家。本名は与作。
父磯吉、無形文化財資格者の初代徳田八十吉、北出塔次郎に師事。色絵技術を習得。
1981年『佐渡の印象飾皿』で日本芸術院賞を受賞。その後、1984年に日本芸術院会員、1992年に文化功労者、1996年に九谷焼作家として初めてとなる文化勲章を受章した。 九谷焼の伝統を基本に改良と工夫をこらし、多くの技法を創案した。娘は、同じ九谷焼作家である浅蔵一華。1993年には、故郷の寺井町に「浅蔵五十吉美術館」が開館した。

代表作品

佐渡の印象飾皿

店主より一言

寿永堂では、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の近畿全域はもちろん日本全国から年間10,000件以上のご依頼を受け、50,000点以上のお品物を買受させていただいております。
海外を含め全国有数の美術品・骨董品・宝飾品オークションにも参加しているため、従業員一同、目利きには自信があります。
お気軽にご相談くださいませ。
芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・箕面市・池田市・伊丹市などは主要対応エリアです。

金工・彫刻・工芸買取なら寿永堂にお任せください

寿永堂では浅蔵五十吉の作品を買取強化中です。



金工・彫刻・工芸買取について詳しくはこちら

高価買取作家 カテゴリ一覧

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。