ブログ

遷御の儀
2013/10/04

今日は爽やかな秋晴れの朝でした。

昨日より少し肌寒く、Tシャツの上に長袖のシャツを重ねていい具合ですね。

お店に向かういつもの通りに、気の早い銀杏が落ちていて、季節の移ろいを感じました。

 関西からは、遠足や修学旅行で一度は訪れたことがある伊勢神宮(三重県伊勢市)で、20年ごとに執り行う式年遷宮で皇大神宮(内宮)での「遷御の儀」が無事終わりました。

厳かな空気の中、鶏鳴三声の「コケコー」の合図で遷御が始まり、じゃ、じゃと玉砂利を踏みしめる音と雅楽が響く神域で、新たな正殿にご神体が移されました。

画面を見ているだけで1300年続く伝統に身が引き締まる思いでした。

お社だけでなく、お着物や日用調度品などもすべて新調されます。

その際、親から子へ、親方から弟子へ、様々な伝統技術が、脈々と若い職人へと受け継がれていくのです。

なくしてはならない伝統文化ですね。

5日 午後1時からは豊受大神宮(外宮)での「遷御の儀」が始まります。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。