ブログ

京都へ
2013/10/01

うららかな秋晴れの日が続きます。

日中の日差しは強いものの、炎天というほどではなく、日陰に入れば過ごしやすいですね。

四季の美しい日本ですが、心地よい時期は短く感じます。

普段は仕事で出掛けることの多い京都ですが、先日は旧友と会うために京都駅で待ち合わせをしました。

いつも自動車で、渋滞や駐車場の心配をしていますが、電車で行くと思ったより時間がかからず、

窓の外を眺めている間に到着して、快適でした。

食事の予約まで時間があったので、いくつか拝観することにし、三十三間堂の門をくぐりました。

初めてきたというわけではないのですが、堂内へ足を踏み入れて観音像と向き合うと、その荘厳さに言葉を失います。

三十三間というのは一つの建物としては宇宙から見ても巨大で、成人の日に行われる「通し矢」はさぞ迫力があるでしょう。

堂内には丈六の千手観音坐像(国宝)を中心に、1001体もの観音像(重文)と共に風神・雷神、観音二十八部衆という30体の仏像が祀られています。

建立時の内部は朱色で彩られていたそうで、ところどころに朱色を見つけては、絢爛豪華な装飾に思いをはせていました。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。