ブログ

一陽来復
2013/12/20

あさって22日は冬至ですね。
この日を境に昼間の時間が少しずつ長くなっていくので、少し嬉しい気分になります。
冬至のことを一陽来復(いちようらいふく)とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。中国の昔の暦では10月はすべて陰の気で覆われ、11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。
つまり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるというわけです。
良くないことが続いている人も、冬至が来たら「さあ、これからは良いことがどんどんやって来る」と気持ちを切り替える、そういうきっかけを与えてくれる日でもあります。
今年、式年遷宮で賑わった三重県の伊勢神宮では、冬至の前後2カ月間、宇治橋と鳥居のまん中から朝日が昇ります。
美しく神々しい光景だそうです。
はてさて来年も、失われた20年を取り返し、経済の20年となりますでしょうか。
ほっこりとゆず湯につかって「融通がきくように」身体を温めてみましょうか。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。