ブログ

マイセン
2014/09/26

今回はマイセンについてです。
マイセンはドイツ・マイセン地方で生産される磁器の呼称で、西洋白磁の頂点に君臨する名窯です。

1708年ザクセン選帝侯アウグスト2世の命により、ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーが製造しました。
1710年にドレスデンに磁器工場を建てて、その後すぐ機密保持のため
マイセン地方アルブレヒトブルク城の内部に移転されました。

作風としてはシノワズリーやジャポニスムの影響を強く受けた東洋的なものからバロック調、
ロココ調のヨーロッパ的なもの、現代的な作品と幅広いものがあり、
様々な名工により数々の名品がつくられています。


コバルトブルーのマイセン窯印の双剣は1722年に採用されました。
窯印は、「シュヴェルター」と呼ばれる、窯印を描くことを専門とする絵付師によって一点一点手描きされます。
アウグスト王の紋章である剣の描き方は、歳月とともに微妙に変化があります。
当初は剣がまっすぐで鍔の部分はわずかに曲がり、柄頭も表されていましたが時代が下がると、
よりサーベルに似た形となり刃は優雅に湾曲し、鍔はまっすぐになり柄頭は示されなくなりました。
また、刃の交差する位置も上下に移動、星形や点、弓形などのマークを双剣に書き添えられたのも現れました。
こうした窯印の変遷は、作品の製作年代決定の手段の一つとなっています。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら