ブログ

神嘗祭
2014/10/17

10月中旬は神嘗祭が行われます。

神嘗祭(かんなめさい・かんなめのまつり・かんにえのまつり)は宮中祭祀の一つで
6月、12月の月次祭と共に古来三節祭とよばれ、神宮の最も由緒深い祭典です。

五穀豊穣の感謝祭にあたり、神宮神田で清浄に栽培された新穀の御飯、御餅、神酒等をお供えし、
皇室の弥栄、五穀豊穣、国家の隆昌、国民の平安を祈願して
宮中および神宮(伊勢神宮)で儀式が行われます。
また、祝祭日の一つで、秋の季語でもあります。

「神嘗」は「神の饗(あえ)」が変化したと言われています。
「饗え」は食べ物でもてなす意味で、また、饗は新殻を意味する贄(にえ)が転じたとする説もあります。

これらの祭儀は参道等から拝観することができます。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。