ブログ

水無月の6月
2015/06/01

今年も早いもので、もう6月です。
梅雨の時期となり、気温も上昇していくので過ごしにくい季節かと思います。

ちなみに6月は別名で水無月(みなづき)と呼ばれていますが、
その由来はご存知でしょうか。

雨が多い季節なのに何故、水が無いのかと不思議に思われた方も
いるかもしれませんが、文法の問題だそうです。

水無月の「無」は「の」にあたる連体助詞になるので、
水無月は「水の月」という意味になるそうです。

6月は田んぼに水を引く季節なので、水が必要なので、
「水の月」=「水無月」となります。

実は諸説あり、田植というを仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」や
文字通り梅雨が明けて水が涸れてなくなる月といったものもあるそうです。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。