ブログ

全世界のアート市場は7.3兆円に下落
2017/01/21

世界のアート市場動向を調査する欧州美術財団:TEFAFが2015年の全世界の美術品の

売上高は682億ドル(7.8兆円)から638億ドル(7.3兆円)に下落したと発表しました。

最近は、世界的なアーティストの作品が取引されるハイ・マーケットと、若手アーティストを

中心としたロー・マーケットの二極化が進んでいて、数百~1000万円あたりの価格帯で

収集するコレクターが少なくなっていることが要因だそうです。

やはり安定して高い価値のものを持ちたいという心理があり、アンディ・ウォーホルや草間彌生と

いった、評価が変わらない大家の作品は安定しており、投資目的の場合は特に好まれます。


ちなみに日本はバブル期以降、世界のアート市場で存在感を示すことはあまりなかったが、

「ZOZO TOWN」経営のスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、クリスティーズ・

ニューヨークでJ.M.バスキアの大作を5728万5000ドル――60億円以上の高値で落札したのは

大きなニュースになりました。

ファーストリテイリング社の柳井社長も、美術品の保護に積極的ですので、

目的は違えど史上活性化におおきな影響を与えそうですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。