ブログ

金煥基の点描画 韓国美術品最高額落札
2017/04/15

韓国近現代美術の巨匠と呼ばれる金煥基(キム・ファンギ)の1973年に

発表された点描画

「静寂(Tranquillity)5―IV―73 ♯310」が

4/12にソウルのオークションで、65億5,000万ウォン(約6億3,000万円)で

落札されました。

韓国の美術品では最高額で、これまで2016年11月に63億2,626万ウォンで落札された

同じ金煥基の別の点描画「12―V―70 ♯172」が最高でした。

金煥基の作品が韓国美術品の最高額を記録したのは3度目となり、

「静寂」は縦261センチ、横205センチで、死去の前年に米ニューヨークで

描かれた作品だそうです。

夜空と天の川を連想させる青の点と長方形をかたどった白線が特徴的で、

青は抽象画家、金煥基のシンボルカラーです。

とても現代的な絵画ですので、気になる方は下記よりどうぞ。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。