ブログ

2018年上半期世界美術品市場報告
2018/08/18

世界の美術品市場は2018年上半期に18%成長し、2017年上半期(+9%)の成長、

2017年下半期(+32%)となったそうです。

2018年上半期に美術品競売点数は26万2000増え、

売上高(手数料含む)は84億5000万ドルに上り、右肩上がりとなっております。

国別として、

①米国:売上高は33億ドルと48%の大幅増
②中国:売上高は20億ドルで最も重要な下半期の前に売れ残り率を削減
③英国:売上高は18%増の19億ドルと中国をわずかにした回る
④欧州連合(EU):フランスは+8%、ドイツは+17%、イタリアは+22%

となっており、傾向としては、

①市場のハイエンドの主流である現代芸術は全売上高の46%を占める
②モディリアーニ、ピカソの落札額がいずれも1億ドルの大台に乗る
③趙無極(Zao Wou-Ki)の売上高は1億5500万ドルで2018年上半期のトップ
④Contemporary Artの世界価格指数は27%上昇し、S&P 500の本格的競争相手に

となっているそうです。

下期も結果が楽しみですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。