ブログ

ピカソが称賛「中国のピカソ」 158億円画家・斉白石
2018/11/24

斉白石の特別企画展が上野の東京国立博物館で開かれております。

中国では近代絵画の巨匠と評され、「人民芸術家(芸術家に与えられた栄誉称号)」の

称号を持ち、日本の骨董品業界でも高値で取引されやすい画家です・

「松柏高立図 篆書四言聯」が2011年に約54億円、2017年には「山水図」十二屛(12枚1組)が

158億円で取引され、中国でも一番高値が付く画家と言っても過言ではありません。

中国全土を5回も旅行した経験から、山水画は「借山図」に見られるような

シンプルな構図。一方では、カラフルで現代的な要素も取り入れ、

様々なタッチを持っています。

八大山人と石濤という、明末清初の文人に傾倒し、好んだ題材はニワトリとエビ。

エビの絵は中国では少ないというが、地元の川で幼い頃から親しんだ為との

ことです。

今は東京ですが、来年1/30には京都にも来るそうなので、

機会あれば訪れてみたいものですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら