ブログ

名物裂と古渡り更紗展・曜変天目を包む絹織物など茶道具・煎茶道具の染織品
2019/09/21

「名物裂と古渡り更紗」展が、東京・静嘉堂文庫美術館にて201911/2から12/15まで開催されるそうです。
静嘉堂文庫美術館所蔵の茶道具と煎茶道具に含まれる優れた染織品を紹介されおります。
茶の湯文化や、文人の嗜みとして流行を見せた煎茶文化の世界では、中国をはじめ海外伝来の文物が用いられてきました。
中でも高級な染織品は、絵画・墨蹟の表具裂や、茶道具を包み飾る「仕覆(仕服)」となり、茶人たちの鑑賞の対象になり、特に貴重な渡来織物である「金襴」「緞子」「間道」は「名物裂」と総称され多様で美しい意匠が見て取れ大変人気の高いものでした。
今回は国宝「曜変天目」を包む貴重な名物裂の「仕覆」や名物裂や古渡り更紗を模倣したヨーロッパ更紗や和更紗、漆芸品・陶磁器なども展示されているとのことです。

珍しい品々が多数展示されておりますので、機会があれば是非訪れてみたいものですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら