ブログ

アニメ美術の原点 田原で山本二三展
2019/09/28

 「天空の城ラピュタ」や「火垂るの墓」など、人気アニメ映画の
美術監督を務めた山本二三氏の展覧会
「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が21日、
田原市田原町の市博物館で始まりました。

1978年の「未来少年コナン」で初めて美術監督を務め、「時をかける少女」「もののけ姫」など、多くの名作を手掛けており、今回は24歳-60歳ごろまでに描いたアニメの背景画や、準備段階で描かれるイメージのスケッチなど、約230点が展示されております。

「もののけ姫」の一シーンでは、森の木の根の間の腐葉土までリアルに描かれていますが、入念な取材と精密なスケッチで、特に光の輝きとさまざまな表情を見せる雲の描写は「二三雲」と呼ばれ、広く知られています。

2011年に始まった全国巡回展ですが、8年前には神戸でも展示され、大変人気があったそうです。
機会あれば、訪れたいものですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら