ブログ

森美術館で歴代2位の入場者 塩田千春展 理由はSNS
2019/11/24

今年の10月末までの約4カ月間、東京・六本木の森美術館で開かれていた「塩田千春展:魂がふるえる」に66万6千人が訪れたそうです。事前予想の3倍、森美術館16年の歴史で歴代2位の入場者数だったそうですが、なぜ社会的現象ともいえるほどの反響を呼んだのか、ニュースになっておりました。
最もな要因はSNSで評判が広がったことだそうです。大規模なインスタレーションが話題を呼び、いわゆる「インスタ映え」する画像となって、SNS上でシェアされ、来館動機アンケートでは、SNSがきっかけになっていた人が54%にのぼり、美術館の公式サイトや各種メディアを大きく上回った。テレビ・ラジオがきっかけと答えたのは4%だったそうです。
年々、ネット起因でのプロモーションは増え、特にSNSは爆発力がありますが、今回は美術業界でも成功した珍しい例かと思います。
こういうきっかけで美術品・現代アートに興味を持っていく人が増えれば良いですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら