ブログ

骨董品の定義
2012/09/04

骨董品とは、希少価値のある古美術や古道具のことをさします。

フランス語ではアンティーク、語源はラテン語アンティクウス(古い)といわれています。

ではどのくらい古いものが骨董品とされのでしょう、明確な定義としては、

1934年にアメリカで制定された通商関税法に書かれた「製造された時点から

100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」であり、

欧米各国におけるアンティークの定義もおおむねこれに従っているといわれています。

この定義はWTOでも採用されていて、加盟国間においては100年前に製造されたことが

証明された物品に対しては関税はかからないとされています。

欧米の骨董店ではこれらを用いて、製造されて100年以上を経たものをアンティーク、

100年に至らないものをジャンクとする、といった分類がされています。

日本でも欧米から輸入された骨董品については、
おおむねこの定義に基づいた分類がなされてます。

骨董品は現在生産され流通している商品ではないために、定価は存在しません。

年代や希少性、作者などに対して見いだされた価値、

当該物品の保存状態を加味して価格が決定されるものですので、

価格の決定には豊富な経験と市場のデータを把握する技量が必要となります。

美術品、骨董品を売却のお考えのお客様 ぜひ寿永堂まで

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。