ブログ

掛軸のお手入れ
2012/12/04

歩道に敷き詰められた、黄色い銀杏の葉のじゅうたんを歩いて買い物に出かけると、数の子や京都産の黒豆も店頭に並び、すっかり師走ですね。

壁に掛けたカレンダーも最後の一枚となり、何か心急ぐ気分です。

 師走と言えば、大そうじですが、普段は手のつけない骨董品も時には、お手入れが必要です。

日本には四季がありますので、高温多湿の気候に適応するよう、掛軸は作られています。

自然はありがたいもので、掛軸を大切に扱いさえすれば、その気候に掛軸が馴染んでいき、長年楽しむことができるのです。

掛軸が最も嫌うのが「湿気」と「乾燥」です。

掛け軸は和紙と表装裂地が糊付けされて出来ていますので、湿気には大変弱いのです。
梅雨時などは防湿剤などを用意するなど注意し、また、直射日光にあてるのはもちろんのこと、冬場は室内の暖房にも留意することをお勧めします。

また、掛けっぱなしにせず、時には巻紙を休めさせてあげるため、季節の変わり目や、来客の際に交換することも大切です。

寿永堂はご不要になられた掛軸等も鑑定買取に伺います。

お気軽にお電話・メールにてご相談下さいませ。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。