ブログ

印籠
2013/02/12

暦の上では春に近づくも、寒さは依然退く気配を見せませんね。

今日から、また北部は雪模様・・

コートが脱げる日はまだまだ遠そうです。

 印籠は自分の常備薬を入れておく携帯の薬入れなのです。

しかし、印籠の印は文字どおり印鑑のこと。

もともとははんこや朱肉を入れて持ち歩くためのものでした。

本来、薬入れのほうは薬籠と言って区別していたのですが、いつの頃からかごっちゃになり江戸時代には両方とも印籠と呼ばれるようになったようです。

印籠は木を削って原型を作り、漆(うるし)を塗って作るのですが、蒔絵(まきえ)、堆朱(ついしゅ)、らでん等の様々な手法がつかわれ、デザインもとても凝っていました。

印籠は最先端の男性のファッションアイテムだったのです。

とはいえ、黄門様のように威光を放つ印籠はそうそうには売ってはございませんが・・

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。