ブログ

九谷焼
2013/04/16

今日は、春のうららかな日ざしが、顔をのぞかせた若草にも降りそそいでいます。

ぽかぽか陽気に、うたた寝してしまいそうになりました。

阪神地域、今日は20℃を超え、絶好のお洗濯日和となっています。

 焼物の中でも、鮮やかな色彩に目を奪われるといえば、『九谷焼』です。

詳しくない方でも名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

石川県南部の金沢市、小松市、 加賀市、能美市で生産される色絵の磁器です。

「九谷五彩(くたにごさい)」と呼ばれる赤・黄・緑・紫・紺青の5色を中心に描かれます。

以前、有田焼の色彩豊かな陶磁器のことを書きましたが、「古九谷」と呼ばれる初期色絵作品群の産地については、有田の初期色絵作品であるという説が有力とされています。

どこが産地であっても、古九谷の絵画的な表現は、大胆な構図と自由な線描きを見せて力強く感じられます。

やがてこれらの手法を統合し、洋絵の具による細密な絵柄に金彩をほどこし、華麗な彩色金襴の世界を完成させたのが、明治時代の九谷庄三(しょうざ)です。

これは海外への輸出品としての評価も高く、それ以後の九谷焼の主流となりました。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。